あの頃・・・  初回特別編&犬島編

f0142070_22543653.jpg

この写真は九州は阿蘇山の麓赤水と言うところにある百姓村牧場での1枚です。
毎年ゴールデンウィークに行われるお祭り
虹の岬祭り(DaDa チャイルド主催)の懐かしい写真です。

突然なぜこんな写真を持ち出してきたかと言うと、
まだ仕事をする前の歌を歌っていたときに友達からメールがあったのがきっかけです。
別に内容は「携帯のアドレスが変わったよ」って言うなんでもない内容だったのですが、
あまりにも懐かしすぎる人からの突然の知らせ・・・
思わず昔の写真を掘り出してきたんだけどあんまり写真もなくって・・・
で、懐かしいあまりちょっとだけ昔話でもしようかな~っと思って筆は執ってないけど筆を執ってみました。

まず今から10年ほど前、三重県の私立鈴鹿高等学校(生まれが三重県の伊賀上野なので・・・)を卒業後、大阪のコミュニケーションアート専門学校(通称OCA)に入学。専攻は総合インテリアデザイン!
ちなみにそこで建築、設計関係CADを主に勉強しました。
で、まぁ勉強したといってもあんまりしてなくて、
何をしていたかと言うと

f0142070_2255126.jpg

f0142070_22552428.jpg


これをもって歌を歌っていました。
ちなみにただ歌を歌っていたんじゃなくて
俗に言うながしをしていました。
で、またこれがただのながしじゃなくて、
テントとキャンプ用品全般をキャリーにのせ
ヒッチハイクで日本列島ながしの旅をしていました。    親不孝もんです・・・
でまぁ行った所は数知れず。
今回はそうですねぇ~
岡山は犬島に行ったときの思い出を書いてみます。


当時岡山の犬島が石の産地だったことはまったく知らず、
歌うたいの友達と海に行こうってことになって船に乗ってすぐだったかな~・・・?
わすれた!
で、とにかく島に渡ったんですがそこで見た景色がこれ↓

f0142070_22554147.jpg

銅精錬所跡だそうです。
明治から大正にかけて銅の精錬所として操業されていました。
煙突とレンガ造りの工場跡が今も残っています。
しかも「西部警察」「瀬戸内少年野球団知)(知らないです・・・)」カンゾー先生(これも知らないです・・・)」「鉄人28号」のロケに使われたこともあるそうですよ。知ってました?

で、そんなことはおいといて皆で楽しく海水浴や魚釣りを楽しみました。

そのときの写真がこれ↓
f0142070_22592129.jpg

めっちゃ石の上でおしっこしてます。

ちなみに犬島は、
古くから花崗岩の山地として知られ、鎌倉八幡宮の大鳥居、岡山城、大阪城、江戸城などにも犬島産の石が使われているらしい。
 明治30年代の大阪港築港のための採石業と40年代の銅の精錬業などで隆盛を極めた時代があり、人口も3,000人あまりを数えた時代もあった。(ちなみに島の大きさは面積0.54㎢ で周囲:3.6㎞標高:36mしかも人口約70人
昭和44年には岡山市と合併、その後は、経済変化による企業撤退。
こんなものもあるらしいですよ↓
f0142070_2361765.jpg

定紋石(ジョウモンイシ)
 昭和25年、島民によって発見された、三巴の模様が刻まれた石。大阪城修築時の残石といわれている。この定紋石には、佐賀の鍋島氏のものと思われる「三巴の紋(左巻)」が刻まれており、11個が1カ所に残っているそうです。

そうそう、岡山といえば
これも凄いとおもったのですが
有漢町の石の風車
f0142070_2313757.jpg

ちなみにこれ回るんです!
f0142070_23134771.gif

え、何で回るかって?
それは高知市在住の彫刻家、門脇おさむ氏が作ったらしいんですが、
秘密らしいです・・・
うかん常山公園には7基の「石の風ぐるま」があって、羽根は全部で18個あります。風ぐるまの羽根はなんと風速2~3mの風(すすきの穂が揺れる程度)で回るんですよ。
これほんと!
ちなみに京都に石の風車はありますよ。
場所は京都府相楽郡加茂町南加茂台団地の中です。
一度探してみてください。

話が変わってしまいましたが、
また昔に行った場所や思い出を書いて行くつもりです。
また話が変わったらごめんなさい。
                                                     つづく 

# by tokan-en-yoshidah | 2007-07-06 23:29 | 歌・song | Comments(0)

蓮・ハス・はす・HASU

ハスとは、スイレン目ハス科多年生水生植物です。
学名「Nelumbo nucifera」英名 「Lotus
蜂の巣状の花托に果実が実ることからハチス→ハスという名になったと言われています。
原産地はインドとその周辺。
古代インドでは、ヒンドゥー教の神話やヴェーダやプラーナ聖典などにおいて、ハスは特徴的なシンボルとして幾つも登場します。例えば、「蓮華の目を持つ者」と称される者や、「ハスの上に座す梵天(最高神)、そしてシヴァ神、賢者、聖なる蛇たちをわたしは見ます」と語る者。「結果を最高神に任せ執着なく義務を遂行する者は、罪に迷わない。あたかもハスの葉に水が触れぬがごとく」と言う言葉もあり、後の仏教における「ハス」の象徴的用法との近さを感じます。また泥から生え気高く咲く花、まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が、俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴のようにとらえられ、このイメージは仏教に継承されていきました。仏教では釈尊が蓮華の上で瞑想する絵が描かれ、極楽浄土の象徴とされています。そのため、蓮華をかたどった台座に仏像を乗せたり、厨子の扉の内側に蓮華の彫刻を施したりしています。また、寺院などでは仏前に「常花」(じょうか)と呼ばれる金色の木製の蓮華が置かれています。 一方、仏教国チベットでは標高が高く生育しないみたいで、想像でかかれたらしく、チベット仏教寺院では日本に比べ、かなり変形し、その絵はほんのり赤みががかった白い花として描かれているみたいです。またこんな言われも有ります。蓮は泥中より清らかな花を咲かせます。そこで、毎日迷いや苦しみの中にあっても、私たちの心は元々清浄なもの。つまり、全ての生命が「現世(泥中)」から「極楽浄土(開花)」に向かって昇華しその渉外を光り輝いたものとして全うする姿を蓮の花に例えています。また、そんな蓮の花が自然のなかで決して一本では存続せずに、何本が重なり存在していることから、ひとつひとつの生命がお互いに助け合うという事にも通じています。また死後に極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという思想があり、「一蓮托生」という言葉の語源にもなっております。

また昔の人たちは、夜明け頃にポンッと言う音で花が開花すると言って詩を読んで楽しんだそうです。しかし蓮博士の大賀一郎氏は早朝の池で、フナやコイが虫などの餌を獲るときの音だろう!と言って否定されてるそうですが・・・

(夢がないですねぇ~)

f0142070_18485381.jpg

そうそう先日天龍寺に配達に行ったのですが午前に行ったときは咲いていた花が、午後の配達時にはすっかり蕾に戻っていたので疑問に思っていたのですが、事実、蓮の花は夜明け頃開花し朝8時ごろまでには開花が終わるそうです。その後、昼頃から萎みはじめ夕方には蕾みに戻ってしまいます。蓮はこの開花と萎みのサイクルを3日間繰り返して、3日目の開花後に花が散るそうです。
儚いですね・・・
f0142070_18491284.jpg



雑談ですが、中華料理につき物の陶製のさじ、「レンゲ(ちりれんげ)」の名称は、その形が蓮の花びらに似ていることから名付けられたみたいです。
f0142070_18494182.jpg

またベトナムでは蓮茶(蓮花茶)なんて物もあるらしいです・・・
中国、台湾でも蓮肉という生茶として飲んでいるそうです。
しかも鎮静効果や滋養強壮にもなるらしいです。

しかも蓮はインドの国花


歴史!発見
化石の発掘により蓮は今から約1億4千年前に地球上にあったらしいです。
日本には約7千万年前のトウヨウハスの化石が九州、福井県、京都府、北海道の石炭層などから出ているそうです。

蓮は睡蓮と繁殖地も類似しており長い間、非常に近い植物として扱われ両者ともスイレン科として分類されてきました。でも、最近になって遺伝子の研究が進みDNAなどから蓮と睡蓮は植物学上かなり異なった進化をたどり睡蓮と早い時期に分かれれた真正双子葉植物に含まれる一科一目の植物とわかり、現在ではハス科として独立しています。蓮はハス科ハス属に属する大型の水生植物だったのです。
ちなみに、植物学的には赤色、白色の花の東洋産種、黄色のアメリカ産種、赤色のロシア産種の三種類があります。
下記写真参照

f0142070_1850077.jpg

あ、違うか・・・  *ハス=コイ目コイ科ダニオ亜科ハス属の淡水魚

種類
日本には530種類以上の蓮が栽培されているらしく、中国などからの新種の輸入、また物好きな人達による交配種の育成などで年々その数は増えていると言われています。
すごい!




ちなみにこのハス達が良いんですよ↓





f0142070_1850215.jpg

上:ティムコ マッドペッパー
中:megabass ITジャック
下:VAGABOND WOUNDED BAIT



後、友達の作った歌に蓮の歌があったのでご紹介。

蓮の花

蓮の花が香るあたりで
過ぎ去りし夢に触れるように
裸足で歩く女達が
今日もやさしく微笑む

遠い記憶の何処かで
出会ったときの喜びが
暁の川を行くとき
君に巡りますように


擦り切れた服に身を包み
道行く人の影に火をともす
花売り娘は今日もまた
夢の数の花を売る

遠い記憶の何処かで
出会ったときの喜びが
暁の川を行くとき
君に巡りますように


失われたもののすべてが
路地裏の祈りに身を寄せて
それでも穏やかな流れに
また朝日は射してくる

空高く昇っていく
あの白い煙のように
浮んでは消えた想いが
君の中で風になる

君の中で風になる

作詞・作曲 りんどう

# by tokan-en-yoshidah | 2007-07-03 23:59 | 都乾園・business | Comments(0)

食べれなかったものたち

結構好き嫌いが多いんですが
これだけはゴメンと言うものを紹介します。


まず初めに前菜
f0142070_2133936.jpg

ゴカイのゼリー
中にゴカイが入っています。
山葵醤油が最高にいいらしいです。
(詳しくはこちらへお問い合わせください。好物だそうです。→クリック
*ゴカイ=朝鮮ミミズ


続きまして
f0142070_2135217.jpg

超BIGマテ貝の炒め物
*マテ貝は日本でも取れますが大きくても20cmほどの物しか見たことありません。


続きまして
f0142070_21374424.jpg

チキンの生手
(調理方法はお好みに合わせてくれます)


続きまして
f0142070_2141458.jpg

これまた超BIGカタツムリ
(こちらもまた調理方法はお好みに合わせてくれます)


最後に
f0142070_21425899.jpg

蚕の炒め物
これは美味しくいただきました。
口の中で噛んだ時の

ぷちゅ

っと言ったあの感触~

口の中に広がる透明な汁

最高に


気持ち悪かったです。
*決して日本人の食べれるものではないと思いました!
皆様腹痛にはくれぐれもお気をつけて。

*お食事中の方には大変申し訳ございませんでした。
この件につきましては ノークレーム!でお願いいたします。

# by tokan-en-yoshidah | 2007-07-02 21:49 | 都乾園・business | Comments(0)

はあふたいむ

うちの種唄朗(長男)が最近ラグビー教室?に行くようになった。
ほぼ毎週いろんな所で練習しているらしい。
で、その教室の名前が
京都西ラグビースクール
今から30年前に故野上一郎氏(山城高卒後1935年度早大ラグビー部主将)を中心に常盤グランドにて産声をあげた。
現在は三代目小林佑年氏と20名の先生たちが力を入れて子供たちを育てています。
私はと言うとあまり?と言うか全然!ラグビーの知識がなく
言ってしまえば種唄朗と一緒にこれから徐々に学んでいくつもりです。
またこれを機に礼儀を覚え、力強く、健康に、そして人との繋がりを築いてくれればと思っているのですが、まぁ本人が今はと~ってもやる気もあるので(何時まで続くかは不明・・・)とにかく頑張って続けろと祈る限りです。

そんながんばってる子供たちの雄姿をちょこっと紹介。
f0142070_20302870.jpg

整列!
f0142070_20304832.jpg

f0142070_2031859.jpg

下から
f0142070_2031267.jpg

幼児担当のコーチと
f0142070_2032945.jpg

みんな暑い中ご苦労さんです。


第36回 京都ラグビー祭(2007年5月27日)
にも出ていたらしく、その模様を納めたサイトがあるらしいです。
ここをクリック
それから右の方にあるBBM@フォトをクリック
その後日にち(2007年5月)を選択するとパスワード入力があるので
〔パスワード:3933〕を入力したら見られます。



ちなみに今日は嵐山東公園で練習でした。
そこに面白いものを発見!
f0142070_203512.jpg

吉○石百人一首が刻まれたです。
他にも甲○○馬などに刻まれたものも沢山ありました。
ちなみに写真の物は以前当社にあった?物だと思われます。


ちなみに吉○石について HardRockブログにて掲載中です。
また当社にも沢山現物があるのでよろしくで~す。

# by tokan-en-yoshidah | 2007-07-01 21:09 | ラグビー・rugby | Comments(1)

藤堂園長のお言葉

昨日子供が園だよりを持って帰ってきた。
そこには毎回藤堂園長のありがた~いお言葉が刻まれている。
今日はちょっと面白いお話が載っていたのでご紹介。

染色と織物の町である新潟県十日町の繊維工業組合が、誕生石ならぬ誕生色と言うものを考案しているみたいです。
1月 想紅〔おもいくれない〕雪の中で凛と咲く寒椿の深い紅
2月 恋待蕾〔こいまちつぼみ〕春浅い土を割って顔を出すフキノトウの燃える黄緑
3月 夢宵桜〔ゆめよいざくら〕春の朧に浮ぶ楚々とした山桜の薄桃色
4月 花舞小枝〔はなまいこえだ〕春風に揺れる花を支える小枝のしなやかな色
5月 初恋薊〔はつこいあざみ〕薫風風吹五月に目を引く薊の深い紫
6月 憧葛〔あこがれかずら〕五月雨が葛の葉をぬらした緑
7月 咲初小藤〔さきそめこふじ〕梅雨もあけ夏の光に輝いた紫露草の淡い紫
8月 夢見昼顔〔ゆめみるひるがお〕真夏の野にまどろむ儚げな昼顔の色
9月 恋路十六夜〔こいじいざよい〕天に月冴える頃の夜空がたたえる深い紺
10月 想紫苑〔おもわれしおん〕風立秋の野に咲き乱れる桔梗と紫苑の紫
11月 恋染紅葉〔こいそめもみじ〕秋の残照に映える紅葉の萌える赤
12月 勿忘菫〔わすれなすみれ〕菫が咲き淡雪の舞う季節の色

これらの呼吸は、豊かな自然から豊かな学びに由来するものですが、
草した豊かさこそ大切にしていきたいものです。
佛教大学付属幼稚園 藤堂園長のお言葉

この世界にはさまざまな人がさまざまな色を持ち、そして日々活躍しています。
そこで強烈に色の濃いこんな人を見つけました。
f0142070_20294597.jpg

やっぱりイチローの色はBaseball
でもイチローが野球をやってなかったら・・・








想像です↓
(イチロー好きの方すみません。)









f0142070_212752.jpg

なんか変?またやっちゃった!


で、色の話は・・・?

ちなみに僕の誕生石はトルコ石です。


                                                 つづく。かも・・・

# by tokan-en-yoshidah | 2007-06-28 21:12 | 個人的・Personal | Comments(0)