<   2019年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

妙喜庵庭園 茶室待庵露地生込燈籠

切ないね

ひろしです。

京都大山崎に在る妙喜庵庭園
そこに在る国宝の茶室待庵の露地に建つ1基の石燈籠
f0142070_15462806.jpeg
中台は無く、全て丸で形成されたおとなし目の石燈籠
f0142070_15480672.jpeg
これはその写し。

本歌は笠に五三桐が浮き彫りされています。
桐紋を彫ったものも写したことがあったようですが、それらは完売し、今は紋無しの写しのみ販売しています。

私好みの石燈籠です。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-31 15:43 | 燈籠・lantern | Comments(0)

秀和山荘 石燈籠

シャビの予言

ひろしです。

秀和山荘
その昔京都市上京区にあったと云われている謎の山荘
そこにあったと云われているひときわかわいい石燈籠
f0142070_16473564.jpeg
秀和形石燈籠
本歌はもう少しボリュームのあるずっしりしたスタイルだったそうだが、そこは京風にアレンジ
茶人好みともされているスタイルのこの燈籠は、
現代庭園にもベストマッチします。
ただ残念なことに、秀和山荘に関する情報が皆無な為、
当時の詳しい所在地等を知ることやその存在自体も………
非常に謎のベールに包まれた秀和山荘

詳しい情報をお持ちの方のご連絡をお待ちしております。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-30 16:45 | 燈籠・lantern | Comments(0)

半端なかった

背中痛…

ひろしです。

昨晩は燃えました
f0142070_22261228.jpeg
やっぱり大迫半端ないって!
ほんまに興奮しすぎて寝不足ですw

しかし後半ロスタイムのあれ…
イランだけにイランことしてくれるわ…
ほんまイラン

次は2月1日の決勝戦
アジア王者に返り咲いてほしい!

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-29 22:25 | サル サッカー・soccer | Comments(0)

台付き織部

冷えましたね

ひろしです。

3.0尺の台付き織部を製作しました。
f0142070_08545785.jpeg
基礎は丹波鞍馬石
上部の燈籠は白石島産花崗岩
f0142070_08555913.jpeg
建物内等で下が掘れない場所などで活躍します^ ^

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-28 08:52 | 燈籠・lantern | Comments(0)

雪雪雪

ゴロゴロニャー

ひろしです。

昨日から降り続いた雪
f0142070_11143232.jpeg
みるみるうちに降り積もり
f0142070_11151156.jpeg
なかなかの積もりっぷり
でも
f0142070_11155344.jpeg
半日経たないうちに結構溶けてきました。

よかったよかった

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-27 11:12 | 京都・kyoto | Comments(0)

仏足石


ひろしです。

随分前に造った仏足石
f0142070_16411550.jpeg
あんまりマジマジと見ると下手なことがバレるから遠目で見て下さい^ ^
それなりの雰囲気が出てきたように思いますw

一切機械を使っていないため、なかなか細かいところが上手く再現できていませんが、それもアジという事でいいんじゃないかと勝手に思っています!

さて、京都の今晩の天気は大雪とか!?
f0142070_16441224.jpeg
インフルエンザと大雪には要注意ですよ^ ^

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-26 16:39 | 石・stone | Comments(0)

あと2つ

似てる…

ひろしです。

昨日はサッカーアジアカップの準々決勝
相手はベトナム🇻🇳
結果は1-0で日本が勝ったけど…
f0142070_20200557.jpeg
いまいち精度が悪いというか。
なんでしょうね?
日本独特の相手に合わせるクセでしょうか?
ほんとヤキモキさせられる…

とりあえずベスト4まできたので、次のイランと決勝戦で勝ち抜きアジア王者へ返り咲いて欲しいです。
2番じゃダメなんで×
1番じゃないとね。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-25 20:17 | サル サッカー・soccer | Comments(0)

硯の手水鉢・月見の手水鉢

ひろしです。

硯の手水鉢
f0142070_14203726.jpg
滋賀県大津市 来迎寺

別名 月見の手水鉢と呼ばれる由来となった水穴
f0142070_14205037.jpg
深い方の水穴の形が琵琶の隠月の形をしている事や、水を張ると三日月が浮かぶ様に見えることより
月見の手水鉢と呼ばれていると云われています。
f0142070_14205496.jpg
両サイドに眉付形を掘り、間に凸月を挟むようにも見れますね。

因みに私は太陽と月が重なり合うい、日食をイメージしたように見えます。

f0142070_14204576.jpg
本歌は来迎寺庭園南の書院の縁先に、石造宝塔の笠を裏返しにして造られております。
f0142070_14204143.jpg
本歌に興味がある方は一度来迎寺さんへ問い合わせてみては?
突然来迎寺さんへ伺っても見れない場所にあるそうですので、事前に連絡してから伺うのが吉。


では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-24 14:38 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

貼り石

ばからしい

ひろしです。

十津川石の貼り石を数ある中から厳選して袋に詰めてみました
f0142070_15383415.jpeg
軽く1トンは選べたと思います
f0142070_15385780.jpeg
賀茂川真黒とまではいきませんが、それなりにそれなりの石だと思います笑

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-23 15:36 | 石・stone | Comments(0)

Arabescato

ユキコイシ

ひろしです。

ご注文品のArabescatoアラベスカート天板
f0142070_11360443.jpeg
分裂式のテーブル天板
f0142070_11363997.jpeg
細部にこだわった天板
f0142070_11371533.jpeg
2枚1組では無く、独立テーブル天板ですが、
寄せて1枚にもできるように、左右の柄は合うように造りました。

アラベスカートの原産国はイタリア中部に位置するトスカーナ州のスタッツェーマというところで、ピサの斜塔等の世界遺産が数多く残る素晴らしい所です。

一度行ってみたいと思います^ ^

このように拘りの注文品も承っております。
気軽にご相談下さいませませ。

では。



by tokan-en-yoshidah | 2019-01-22 11:35 | 石・stone | Comments(0)