<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

泡消し

キャンピング

ひろしです。

いろんな呼び方がありますが
やっぱり「泡消し」がしっくりきます。
f0142070_16240129.jpg
蹲の配水隠しに用いられる玉石
f0142070_16263906.jpg
右は小さく左が大きく、上に1石の計4石で組むのが通説。
泡消しよりも水門石と呼ぶ方がわかりやすいですね。

でも、やっぱり泡消しの方がなぜかしっくりくる気がします。

では。


by tokan-en-yoshidah | 2015-08-31 16:22 | 石・stone | Comments(0)

いなり

よくわからない

ひろしです。

人生初のおいなりさん
f0142070_18035909.jpg
外国人が選ぶ日本の観光地ナンバーワン!
f0142070_18054479.jpg
至る所鳥居だらけ
f0142070_18063230.jpg
f0142070_18070832.jpg
どこもかしこも鳥居で1000本どころの騒ぎじゃぁない!

せっかくなので
f0142070_18082084.jpg
おいなりさん絵馬

f0142070_18090452.jpg
クオリティはんぱない笑

なかなか楽しい場所でした!

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-30 18:03 | 京都・kyoto | Comments(0)

入荷案内

ちょとまてちょとまて

ひろしです。

少量入荷です
f0142070_16101385.jpg
なかなかよく熟れています。
f0142070_16111464.jpg
段石として使われていたのでしょうか、正面もしっかり造られています。

どれも良質な物ばかりです。
お問い合わせお待ちしております(u_u)ペコリーノ

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-29 16:13 | 石・stone | Comments(0)

新大仏寺石製須弥檀

ようやくです。

ひろしです。

先日子供とコッソリ訪れた新大仏寺
ここは文化財の宝庫としても有名なお寺。
なかでもやはり目を引くのは石製の須弥檀。
f0142070_11574382.jpg
石屋だけに・・・

詳しく話せば長くなるので、詳しく知りたい方は是非とも新大仏寺へw

簡単に説明すると
新大仏寺は東大寺の重源上人が建仁二年、伊賀別所として創建した寺で、
何故この伊賀地に別所を開いたのかと言うとこの地は愛知や岐阜などと奈良を結ぶ地で、
この地から温泉が湧き出るとの事で、旅の疲れをとるには最高の地だったことからこの地に開いたと記されています。

新大仏寺阿弥陀三尊立像の石造基壇
f0142070_1315888.jpg
重要文化財 直径約480cm
現在宝蔵庫(新大仏殿)内に保存されている石造基壇
創建当初は岩を削り建てられた大仏殿内に石の仏壇と台座が置かれ、その上に阿弥陀三尊立像が安置されていたと記されています。
当時の状況は松尾芭蕉が笈の小文に「石の蓮台、獅子の座なんどは蓮・葎の上に堆く」と記されており、
また、この上に建つ立像については
奉安置皆金色獮陀三尊来迎立像一々并観音勢至各丈六
つまり皆金色の阿弥陀三尊像を安置して奉る。来迎立像一体并びに観音・勢至像はそれぞれ丈六(一丈六尺=約530cm)であると記録されています。
f0142070_13264582.jpg
この画は播磨浄土寺阿弥陀三尊基本構図でに重源上人が創建した別所であり、この伊賀別所も同様のものが建てられていたと推測されています。
しかし、脇侍も丈六と記されているようですが、三尊が全て同じ高さと言うのは類を見なく謎に包まれています。
f0142070_13323646.jpg
脇侍台石 右

f0142070_13324620.jpg
脇侍台石 左

そして今は大仏殿に残され板敷きの下になって隠されている台座内部に突起した岩盤の台座
f0142070_13414451.jpg
これらの構造については新大仏寺資料から参照
f0142070_13462419.jpg
伊賀別所の三尊像構造想定図
f0142070_15532750.jpg
須弥檀台座復元模式図
そして、上の写真にない三尊の如来像台座に関しては別所内碑の台座として利用されています。
f0142070_1685138.jpg
f0142070_1692125.jpg
f0142070_1613642.jpg

内部について先の写真の突起した岩盤の台座と先の図面を参考に
f0142070_165677.jpg
f0142070_1673717.jpg
あまり構造について詳しく解説できないので、この辺で置いといて・・・

この須弥檀は宋人石工伊行末の作品で側面に彫られた十二石面の彫刻の素晴らしさには目を惹かれます。
f0142070_1615238.jpg
f0142070_1616084.jpg
f0142070_16204653.jpg

f0142070_16191810.jpg
f0142070_16192787.jpg
f0142070_16193692.jpg
f0142070_1619458.jpg
f0142070_16195322.jpg
f0142070_16241120.jpg
風化により殆どの彫刻が読み取ることが難しい状態となっていますが、
側面には十頭の獅子等が繊細に彫刻されているのがわかります。

その他詳しいことは↓
f0142070_1628295.jpg
参照して下さいw

宋人伊派石工を代表する素晴らしい石像美術品
故郷の地で大切に保管されている事に喜びを感じます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-28 13:43 | 石塔・tower | Comments(0)

異常

腰が…

ひろしです。

暑かったり寒かったり暑かったり
異常な気象でこんなものも異常な発達
f0142070_20554368.jpg
ナメナメクジクジナメクジクジ
f0142070_20563833.jpg
GoPro並べてみてもわかるように
とにかくデカイ!

しかし腹部がアワビみたいだったのには驚いた!
思わず「食べれるやん!」ってw

勿論食べないですよ!!

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-27 20:53 | 都乾園・business | Comments(0)

芥川賞

71kg

ひろしです。

ミーハーではありません…
事もありません笑
f0142070_21342052.jpg
登場人物が又吉にしか思えないorz

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-26 21:31 | 本・book | Comments(0)

兵庫県好きにはたまらない!?

台風コワイ

ひろしです。

兵庫県産で仕上げてみました。
f0142070_10115383.jpg

宝殿龍山石の中でも貴重な赤龍石で造られた宝篋印塔の#地輪鉢と
台石には御影石の呼び名の由来にもなっている本御影石で揃えています。
兵庫県好きにはたまらない組み合わせですw

のはずです。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-25 10:08 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

石庭

超眠い

ひろしです。

子供の夏休み自由研究
龍安寺の石庭をつくる?
完全に「やってね」感満載…

で、
f0142070_1916112.jpg
完成。
ある程度は頑張ってましたが笑

あとは壊さずに学校まで持っていけるかが…

そこは期待に応えてくれるのでしょうw

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-24 19:17 | 京都・kyoto | Comments(0)

からの〜

枯山水

ひろしです。

今日は朝から子供のラグビー
f0142070_16481440.jpg
風が気持ちよく秋らしい天候

昼からは娘のバレーボール
f0142070_16485329.jpg
なかなか面白いo(^_-)O

しかし体育館の中はアチい

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-23 16:46 | ラグビー・rugby | Comments(0)

うさぎ

暑さリターン

ひろしです。

短くなった六方石に彫り込みました
f0142070_14112627.jpg
高山寺さんの鳥獣戯画のうさぎ…

あえて酌持ってるのをピックアップ!
近年鉢周りに役石を持たない、蹲を組まないスタイルをよく見かけます。
そんな時この酌持ちのうさぎを鉢に添えて建ててあげると…
なんて考えてみました。
近年のスタイルってやつですね笑

どうでっしゃろ?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-22 14:09 | 石・stone | Comments(0)