カテゴリ:道標・signpost( 128 )

矢橋渡の道標

晴れてきた!

ひろしです。

先月入荷した道標を建ててみました
f0142070_10240584.jpeg
古い葛石を利用して彫られたものだと推測できますが、
それでも文字を彫られてから結構な年月が経っているように思います。
碑面には『くさつより矢橋渡へ十八丁』
碑面の通り施主は草津の方だったのでしょうが、
この道標の最後の持ち主さんは京都の方でした。
因みに矢橋渡へ十八丁の距離感がイマイチ掴めないので調べてみると1kmは凡そ9.1丁、つまり18丁は約2kmという案外近いやん!!
といった結果に笑

以上

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-08-31 10:22 | 道標・signpost | Comments(0)

道標 入荷

皮のソファー

ひろしです。
。そして今日も
f0142070_19400107.jpeg
ベルギーのカウンター喰らった気分…
まさに電光石火で痛い事すら忘れてしまう技術の高さ。
ベテラン看護婦さんは違いますw
f0142070_19413316.jpeg
しばらく寝落ちしますw

で、今日入荷した道標
f0142070_19422586.jpeg
くさつ から 矢橋渡 八丁

ん〜新しいものなのか?
古そうに見えるけど…

もう少し調べてみます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-07-03 19:38 | 道標・signpost | Comments(0)

天満宮の道標

週頭は体がだるい?
普通逆でしょ?

ひろしです。

京都には沢山の有名な神社があります。
その中でも一際観光客の多いのが北野天満宮
菅原道真を祀る神社で学問の神様として有名。
そんな天神さんにある一本の道標
f0142070_16490082.jpeg
正面に
右 天満宮
ひだり さか あたこ 道
と刻まれた道標


f0142070_16515374.jpeg
天明の大火の2年後である寛政2年(1790年)建立が読み取れます。
寛政二年
庚戌春

f0142070_17005051.jpeg
神事奉行
松梅院  

f0142070_17020773.jpeg
講中

※講中とは信仰者の事

人気のないところにひっそりと立つ道標

まだまだ探せば出てきそうです。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-02-19 16:28 | 道標・signpost | Comments(0)

能勢妙見山の道標

ハッピー?ハロウィン🎃

ひろしです。

亀岡から豊能へ抜ける峠の途中にひっそりと建つ道標
f0142070_13314167.jpeg
能勢妙見山の道標

ここは京都より妙見山詣りに向かう為の大切な道だった事を伺わせます。

f0142070_13365224.jpeg
更にはこの峠を境に
左 本街道
右 ちか道
と彫られ、二手に分かれ妙見山を目指したこともよくわかります。

f0142070_13400588.jpeg
f0142070_13410517.jpeg
左右には地元住民か、他処の人々がわかりませんが、建立に関わったであろう人々の名が刻まれております。
f0142070_13430333.jpeg
裏面には建立年月日
明治四十二年酉十月建之
発起人名…
京都西陣信者中
の文字を見ることができます。
そして地元民のお陰で綺麗な状態で保管されている事に感謝しないといけませんね。

補足
道標のすぐ脇で横たわる道標が…
f0142070_13483790.jpeg
ここにも左妙見山の文字が見られました。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-31 13:26 | 道標・signpost | Comments(0)

お茶でもどうぞ

雨 雨 雨

ひろしです。

追加要求ありましたので彫りました
f0142070_08194259.jpeg
喫茶去の側面に
「まあゆっくりお茶でもどうぞ」
f0142070_08212207.jpeg
2面彫り

誰かの注文というわけではございません。

事務所前にでもたてとこうかな〜

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-20 08:26 | 道標・signpost | Comments(0)

議院石製「喫茶去」

当選おめでとう

ひろしです。

議院石
広島県呉市で産出される桜系花崗岩
大正期に国会議事堂の外装に使用されたことから議院石と呼ばれるようになった。
大抵の場合は議院石で通用しますが、別名倉橋石などと呼ばれる方もいます。
議院石は石を切断や研磨すると表面の色が少し淡く桜色をしていますが、時間が経つとともに石の表面が中に含まれる成分と酸素が反応し、色濃く鮮やかな紫系統に変わってきます。
この現象から「もみじ御影」「紅葉石」と称されています。
f0142070_13392108.jpeg
そんな議院石で石標を彫ってみました。
f0142070_13401823.jpeg
「喫茶去」
きもち薬研彫りしています。
最近はまっていますw

いい言葉ですよね〜

お値打ち品でdoですか?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-19 13:41 | 道標・signpost | Comments(0)

いぼ観音の道標

見えまへんがな

ひろしです。

京田辺でたまたま見つけた道標
f0142070_21473161.jpeg
めっちゃ気にならないですか?
いぼ観音…
いぼの観音様…
初めて聞きました!
私も下の方にできたイボが気になるので今度行ってみようと思います。
でもその前にちゃんと調べてからでないとね。
大きくなったら困るんで(>_<)
f0142070_21490044.jpeg
いぼ観音 好是西一丁
f0142070_21492150.jpeg
昭和十年夏建之 大阪八幡 本町 和田辰厳

気になったでしょ?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-05 22:36 | 道標・signpost | Comments(0)

喫茶去

当分遠慮します。

ひろしです。

喫茶去
f0142070_17304752.jpg
お茶をどうぞ召し上がれ
お茶でもいかがですか?
と言った意味を持つ所謂お客さんを迎える言葉です。
f0142070_17335119.jpg
丁度いい玉垣があったので彫ってみました。
フリーハンドなのでバランス悪いかもしれませんが、
そこはオリジナリティあふれる作品ということで笑

因みに喫茶去とかいて「きっさこ」とよみます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-09-21 17:29 | 道標・signpost | Comments(0)

製作

台風のバーカーヤーロー

ひろしです。

久しぶりに製作してます
f0142070_17303772.jpg
ふなのり場と松樹千年翠
もう少し手直しが必要です。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-09-16 17:29 | 道標・signpost | Comments(0)

野間口 妙見山への道標

効果ありか?

ひろしです。

続けます
今日は大阪は豊能町野間口にある妙見山への道標
f0142070_1110103.jpg
この道標は1826年に建立された道標で、
京都の開運講と呼ばれる講者(仏典を講ずる人)によって建てられたものです。
道標のタイプは先頭角で高さ約170㎝、37㎝角で力強く彫られていることが分かります。

碑面を見てみると
f0142070_10554121.jpg
右 妙見山 京 開運講

f0142070_10592331.jpg
摂州能勢郡野間庄鷹ヶ峯岩戸大千代講和歌山儀兵衛御山江十八丁

f0142070_10585282.jpg
左京龜山道 世話人 綸子屋平兵衛 切屋称兵衛 玉屋伊兵衛 △形屋長兵衛 香基屋東祐

f0142070_1142997.jpg
文政十一歳戌子九吉日立之 切畑村石工重次郎

やはり願主等から見ても当時の京都、龜山から盛んに妙見山参りがあったことを窺い知ることができるます。

by tokan-en-yoshidah | 2017-09-13 11:07 | 道標・signpost | Comments(0)