カテゴリ:道標・signpost( 132 )

三宅安兵衛の道標 祇王寺

蒼井優ちゃん…Orz

ひろしです。

三宅安兵衛の道標 祇王寺
三本ならんでる一番手前
f0142070_14121275.jpg
f0142070_14122524.jpg

祇王寺  久保田米僊   墓一町
瀧口横笛旧跡 金子静枝

f0142070_14123086.jpg
勾当内侍供養塔モ有
f0142070_14123499.jpg
昭和四年三月稟京都三宅安兵衛遺志建之

何故正面の祇王寺の文字に緑で色を吹き付けたのでしょうか?
確かに文字は際立って見えるかもしれませんが、非常に残念でしかありません。
あと、後ろの立て札…
もうちょっと考えて建てましょうよw

では。


by tokan-en-yoshidah | 2019-06-05 14:25 | 道標・signpost | Comments(0)

何か違う?

再びかゆい

ひろしです。

うちにある少し古い石碑
f0142070_17162837.jpeg
葷酒不詳入山門



葷酒山門に入る事を許さず
という事なのですが、

f0142070_17191367.jpeg
不詳葷酒入山門

大抵こっちの方が多いです。

というか、これ以外で葷酒から始まるものって実はこの石碑以外見たことないかも…

どちらでも今は同じだからいいんですけどね。

なんとなく気になって^ ^

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-05-16 17:18 | 道標・signpost | Comments(0)

伏見 北向不動明王への道標

黙祷

ひろしです。

美味しいハンバーグ食べに寄った先で見つけた道標
f0142070_10305931.jpg
北向不動明王への道標

碑面を見てみますと正面には
f0142070_10315735.jpg
北向不動明王 是ヨリ右 右よと八はた  二町半 左ふしみ

東面
f0142070_16431051.jpg
右 京油小路通

西面
f0142070_10312916.jpg
左 京油小路通

南面(背面)
f0142070_10313461.jpg
天明五乙巳之歳建 寄進講中

1785年に北向不動明王を祭った信仰者によって建立された道標で
右も左も油小路通というちょっと面白い道標。
道路の真ん中にドカンと建っていたのでしょうね。

そして何より基礎がオモシロイ
f0142070_10314468.jpg
f0142070_10314009.jpg
こういうの見ると心躍ります。

では。



by tokan-en-yoshidah | 2019-03-11 16:59 | 道標・signpost | Comments(0)

寂光院道・鞍馬道の道標

ポリデントとコルセット

ひろしです。

久しぶりの道標
f0142070_07371689.jpg

今日は左側の小さい方
f0142070_07372113.jpg
右 しやこゐんみち
左 くらまみち

その高さ600㎜も無い位の小さい道標
右に建つ明治四年の銘がある物より古くみえます。

しかしいつも思うのが
「じゃっこういん」を「しやこゐん」とかのように現代と読み方が違う点…
読み方が違うんじゃなくて、今のように字を書くことが少なく、この標を彫った人には「じゃっこういん」が「しやこゐん」に聞こえていただけなのかな?
どちらにせよ、当時この道標を見て「しやこゐん」てどこやねん!?ってなる人はいなく、「じゃっこういん」は右に行くんだね!と助けられた人が沢山いただろうということ。
そんな風に想像すると心が柔らかくなります。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-02-28 07:49 | 道標・signpost | Comments(0)

矢橋渡の道標

晴れてきた!

ひろしです。

先月入荷した道標を建ててみました
f0142070_10240584.jpeg
古い葛石を利用して彫られたものだと推測できますが、
それでも文字を彫られてから結構な年月が経っているように思います。
碑面には『くさつより矢橋渡へ十八丁』
碑面の通り施主は草津の方だったのでしょうが、
この道標の最後の持ち主さんは京都の方でした。
因みに矢橋渡へ十八丁の距離感がイマイチ掴めないので調べてみると1kmは凡そ9.1丁、つまり18丁は約2kmという案外近いやん!!
といった結果に笑

以上

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-08-31 10:22 | 道標・signpost | Comments(0)

道標 入荷

皮のソファー

ひろしです。
。そして今日も
f0142070_19400107.jpeg
ベルギーのカウンター喰らった気分…
まさに電光石火で痛い事すら忘れてしまう技術の高さ。
ベテラン看護婦さんは違いますw
f0142070_19413316.jpeg
しばらく寝落ちしますw

で、今日入荷した道標
f0142070_19422586.jpeg
くさつ から 矢橋渡 八丁

ん〜新しいものなのか?
古そうに見えるけど…

もう少し調べてみます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-07-03 19:38 | 道標・signpost | Comments(0)

天満宮の道標

週頭は体がだるい?
普通逆でしょ?

ひろしです。

京都には沢山の有名な神社があります。
その中でも一際観光客の多いのが北野天満宮
菅原道真を祀る神社で学問の神様として有名。
そんな天神さんにある一本の道標
f0142070_16490082.jpeg
正面に
右 天満宮
ひだり さか あたこ 道
と刻まれた道標


f0142070_16515374.jpeg
天明の大火の2年後である寛政2年(1790年)建立が読み取れます。
寛政二年
庚戌春

f0142070_17005051.jpeg
神事奉行
松梅院  

f0142070_17020773.jpeg
講中

※講中とは信仰者の事

人気のないところにひっそりと立つ道標

まだまだ探せば出てきそうです。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-02-19 16:28 | 道標・signpost | Comments(0)

能勢妙見山の道標

ハッピー?ハロウィン🎃

ひろしです。

亀岡から豊能へ抜ける峠の途中にひっそりと建つ道標
f0142070_13314167.jpeg
能勢妙見山の道標

ここは京都より妙見山詣りに向かう為の大切な道だった事を伺わせます。

f0142070_13365224.jpeg
更にはこの峠を境に
左 本街道
右 ちか道
と彫られ、二手に分かれ妙見山を目指したこともよくわかります。

f0142070_13400588.jpeg
f0142070_13410517.jpeg
左右には地元住民か、他処の人々がわかりませんが、建立に関わったであろう人々の名が刻まれております。
f0142070_13430333.jpeg
裏面には建立年月日
明治四十二年酉十月建之
発起人名…
京都西陣信者中
の文字を見ることができます。
そして地元民のお陰で綺麗な状態で保管されている事に感謝しないといけませんね。

補足
道標のすぐ脇で横たわる道標が…
f0142070_13483790.jpeg
ここにも左妙見山の文字が見られました。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-31 13:26 | 道標・signpost | Comments(0)

お茶でもどうぞ

雨 雨 雨

ひろしです。

追加要求ありましたので彫りました
f0142070_08194259.jpeg
喫茶去の側面に
「まあゆっくりお茶でもどうぞ」
f0142070_08212207.jpeg
2面彫り

誰かの注文というわけではございません。

事務所前にでもたてとこうかな〜

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-20 08:26 | 道標・signpost | Comments(0)

議院石製「喫茶去」

当選おめでとう

ひろしです。

議院石
広島県呉市で産出される桜系花崗岩
大正期に国会議事堂の外装に使用されたことから議院石と呼ばれるようになった。
大抵の場合は議院石で通用しますが、別名倉橋石などと呼ばれる方もいます。
議院石は石を切断や研磨すると表面の色が少し淡く桜色をしていますが、時間が経つとともに石の表面が中に含まれる成分と酸素が反応し、色濃く鮮やかな紫系統に変わってきます。
この現象から「もみじ御影」「紅葉石」と称されています。
f0142070_13392108.jpeg
そんな議院石で石標を彫ってみました。
f0142070_13401823.jpeg
「喫茶去」
きもち薬研彫りしています。
最近はまっていますw

いい言葉ですよね〜

お値打ち品でdoですか?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2017-10-19 13:41 | 道標・signpost | Comments(0)