カテゴリ:手水鉢・wash basin( 195 )

硯の手水鉢・月見の手水鉢

ひろしです。

硯の手水鉢
f0142070_14203726.jpg
滋賀県大津市 来迎寺

別名 月見の手水鉢と呼ばれる由来となった水穴
f0142070_14205037.jpg
深い方の水穴の形が琵琶の隠月の形をしている事や、水を張ると三日月が浮かぶ様に見えることより
月見の手水鉢と呼ばれていると云われています。
f0142070_14205496.jpg
両サイドに眉付形を掘り、間に凸月を挟むようにも見れますね。

因みに私は太陽と月が重なり合うい、日食をイメージしたように見えます。

f0142070_14204576.jpg
本歌は来迎寺庭園南の書院の縁先に、石造宝塔の笠を裏返しにして造られております。
f0142070_14204143.jpg
本歌に興味がある方は一度来迎寺さんへ問い合わせてみては?
突然来迎寺さんへ伺っても見れない場所にあるそうですので、事前に連絡してから伺うのが吉。


では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-24 14:38 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

棗?

コンコーン

ひろしです。

先日入荷してきた手水鉢
f0142070_17594441.jpeg
白川石製の棗?
f0142070_18003339.jpeg
めちゃ背低い棗…

かわいい

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-01-21 17:58 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

挽臼の手水鉢

なんとか年越しできそうです

ひろしです。

挽臼に鉢穴を掘り、手水鉢に転用されたものが古材で入荷して来ました。
f0142070_13580349.jpeg
挽臼には雄臼と雌臼があり、これは雌臼の方を加工したものになります。

挽臼は上になる方の臼を上臼・雌臼・ランナーと呼び
回転臼として挽き手、物入れ、軸受があります。
また、下になる方の臼を下臼・雄臼・ベッドストーンと呼び、固定臼であり底石として扱われます。
f0142070_14064527.jpeg
これは溝が彫ってあるので、雌臼の底側に当たり、物入れより供給された原料穴の底側にあるものくばりを消すように鉢穴を掘ってあります。

そうやって石臼をみて、それを鉢にしてあることを考えるとなかなか面白い商品だと思いません?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-12-05 13:55 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

壺石

指切った

ひろしです。

置場の整理で出てきた壺石群
f0142070_11370019.jpg
f0142070_11370953.jpg
f0142070_11371454.jpg
f0142070_11370428.jpg
他にもあるのですが、とりあえずこの4石を並べてみました。
石は全て高野の石
自然にここまで掘れる事はなかなかありません。
硬い石だからこそ長い年月をかけこの形になります。
人工ではこのアジは出せません。

希少品です。

では。







by tokan-en-yoshidah | 2018-12-04 11:41 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

自然石立手水

平成最後の11月も今日で終わり

ひろしです。

自然石立手水鉢が入荷です
f0142070_15073731.jpg
ヌケ石ですが、鴨川水系の石だろうと思います。
f0142070_15074117.jpg
天端にうねりがあるので鉢穴のバランスが取りにくいけど、めちゃカッコいい立手水
今は建物の構造上、あまり需要の少ないものになりましたが、工夫を凝らして使ってみるのもありかと思います。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-11-30 08:35 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

江州石製手水鉢

40

ひろしです。

ウチの販売している中で、これは古い!って商品がコレ
f0142070_16535021.jpg

江州石製の手水鉢
f0142070_16534138.jpg
鉢穴こそ近年掘られたものですが、江州石でここまで風化するのはかなりの時間を要します。
f0142070_16534614.jpg
単にやわらかいところを使えばそれなりに風化は早いのですが、この石はかなり硬いところを使われています。
ここ迄なるのに何年かかるのか…
硬くて風化し難い江州石
お値打ち品です。

では。




by tokan-en-yoshidah | 2018-11-19 16:57 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

リユース

試乗

ひろしです。

台風被害にあった石燈籠のパーツをリユース
f0142070_11305258.jpeg
石大工Bさんが勧修寺の中台に升升を掘り込み、新たな命を吹き込みました
f0142070_11321600.jpeg
モダンチックでなかなか良い!!
そう思いません?

なんでも壊れてすぐに捨てるより、このようにリユースできることを考えるのも楽しいですね。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-10-11 11:29 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

礎石の手水鉢

衝撃でした

ひろしです。

上に乗っかってた金燈籠を動かして全体がよく見えるようになりました
f0142070_14564254.jpeg
礎石の手水鉢
f0142070_14570039.jpeg
架付きの礎石で結構な大きさです。
f0142070_14585202.jpeg
坪庭に1本のモミジと一石の礎石
一木一石で十分な迫力もあります。

さぁ世界が広がってきた!!

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-10-05 14:54 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

ミルストーン

全然違う!

ひろしです。

横文字並べてかっこいい時代ではないようですが、
ミルストーン
f0142070_15140636.jpeg
ミルするストーン
つまりは搗き臼(石臼)の事。
f0142070_15150023.jpeg
小さいミルした跡もあります。
こちらは子供が籾殻潰して遊んだりしてたのでしょうね。
日本では鳥黐穴と言って鳥黐作るのに実を潰した跡とされています。
f0142070_15180974.jpeg
こういう部分に惹かれるのがイシヤなんです❤️

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-08-29 15:06 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

休み明け 入荷

P
P
P

ひろしです。

お盆休み明け早々入荷です。
f0142070_21162124.jpeg
詳しくはボチボチ更新していきます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-08-17 21:08 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)