カテゴリ:燈籠・lantern( 226 )

雪見燈籠

殺人的な暑さ

ひろしです。

ちょっと変わった雪見燈籠
f0142070_14084886.jpeg
これはね、たぶんね、脚後から変えたんじゃないかと考えてます。
でもバランス悪いように見えて、プロ好みな形かなとも思います。
火袋下部には脚が付いています。
コタタキで丁寧に造られた雪見燈籠はいかがでしょうか?

連休は非常に猛暑が予測されております。
天気が良すぎるのも危険なのでみなさん気をつけてくださいね。

by tokan-en-yoshidah | 2018-07-14 14:07 | 燈籠・lantern | Comments(0)

春日燈籠

台風関西逸れそうですね

ひろしです。

今日はイングランドの怒涛の攻めにあったかのような痒みのおかげで一睡もしておりません。
朝から作戦変更
作戦名はポーランド…
あかん、やっぱりそれは耐えれへんわ。

さて、昨日入荷した春日燈籠
f0142070_15073832.jpeg
脚邪魔w
f0142070_15080314.jpeg
宝珠はふたつに分かれます!
傷もなく戦前に作られたであろう春日燈籠
そのサイズは10.0尺超え!

なかなか良くできております。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-07-04 15:02 | 燈籠・lantern | Comments(0)

金燈籠

いよいよ始まる決勝トーナメント!
素直に日本頑張れ!

ひろしです。

珍しいマニアックな逸品が入荷です!
f0142070_17285706.jpeg
タコのエイリアンではありません
f0142070_17292391.jpeg
猫足の雪見型金燈籠

お宝なのかもとドキドキワクワク💓

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-06-30 06:10 | 燈籠・lantern | Comments(0)

松琴亭舟着の織部燈籠

咳だけが残ってます

ひろしです。

桂離宮松琴亭舟着の織部燈籠
f0142070_16112879.jpeg
松琴亭の西側には池泉に向かって段差をつけた船着場が設けられています。
この燈籠はその舟着場を照らすための灯台灯として建てられた燈籠と推測されます。
f0142070_16140586.jpeg
織部燈籠と呼ばれていますが、俗に言う四角型の生け込み型燈籠で舟着燈籠とも呼ばれています。
桂離宮本歌の舟着燈籠は全て豊島石で造られており、弊社写しの物も全て豊島石製である。

また、昭和20年ごろの写真を見てみると当時火袋と中台が新しいのが見て取れます。
f0142070_16185430.jpeg
もともと豊島石は風化の早い石なので何度も造り直されてきたことがよくわかります。
f0142070_16214490.jpeg
現在豊島石は採掘禁止により原石の入手もほぼ不可能に近いので、弊社の豊島石製の石燈籠は大変貴重なものになります。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-06-27 16:09 | 燈籠・lantern | Comments(0)

善導寺型石燈籠

夏のような蒸し暑さ

ひろしです。

善導寺型の石燈籠が入荷してきました。
f0142070_08435577.jpeg
善導寺とは京都木屋町三条に在るお寺で、この石燈籠は表庭にある燈籠の写しになります。
火袋には茶道具(茶碗、炭斗、火鉢、火箸、茶釜、柄灼、五徳等)が彫られているのが特徴的。
勿論ずんぐりむっくりした姿も特徴的です。
f0142070_08482655.jpeg
高さは8.0尺程度で、石質は愛知県岡崎産花崗岩
所謂三洲と呼ばれるもので、造りは大正から昭和初期辺りのものかと推測されます。

好き嫌いはある形かと思いますが、茶人好みのブサ可愛い石燈籠かと思います。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-06-26 08:32 | 燈籠・lantern | Comments(0)

八角置型石燈籠

余震が続いております。
倒れてきそうなもののそばには決して近づかないように。

ひろしです。

どこかで見かけた石燈籠をコピーしてみました。
f0142070_15425475.jpeg
ダイナミックなサイズの一風変わった八角型の置燈籠
巻き出しのついた薄手の笠に小さめの宝珠、基礎には小さい脚も付いています。
f0142070_15470016.jpeg

かなりのプロ好みな逸品だと思いますが?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-06-19 15:39 | 燈籠・lantern | Comments(0)

恵那鯖石製 岬燈籠

突き指

ひろしです。

先日紹介した本御影石製の岬燈籠と一緒に、
恵那鯖石でも岬燈籠を造ってみました!
f0142070_17364872.jpeg
本御影石製の上品な雰囲気とは違う、恵那鯖石独特の柔らかさを感じることができます!
f0142070_17374310.jpeg
なんとなく重厚感も出してみました!

いかがですか?

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-04-19 17:35 | 燈籠・lantern | Comments(0)

本御影石製 岬燈籠

雨降りの予報

ひろしです。

本御影石で岬燈籠を造りました
f0142070_13571679.jpeg
御影石の代名詞と云われる兵庫県の御影地方で採掘されている本御影石
何故か花崗岩全般に御影石と呼ばれておりますが、
これが正真正銘御影石の岬燈籠です。
f0142070_14002289.jpeg
うっすらピンクかかった、上品な本御影石で造った燈籠は、出来栄えも上品に見えるかと思われます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-04-17 13:55 | 燈籠・lantern | Comments(0)

金輪寺 五重層塔

春の嵐

ひろしです。

金輪寺 五重層塔 写し
f0142070_09572461.jpeg
本歌は亀岡市宮前町に在り、国の重要文化財に指定されております。
この塔は各層と軸部が別石で造られる古い様式で、
基礎部に胎蔵界の種子を刻みます。
相輪頂部の宝珠は潰れたような形をしているのも特徴的です。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2018-04-14 09:12 | 燈籠・lantern | Comments(0)

奥の院

150ペタ

ひろしです。

今日は奥の院
f0142070_15103773.jpeg
奈良県春日大社奥の院に有る石燈籠の写し
こちらも先日入荷してきました!
f0142070_15113772.jpeg
基礎の請花
f0142070_15124457.jpeg
中台の干支
f0142070_15131545.jpeg
火袋のあてもの
なかなか良くできているのですが、残念なことに火袋、笠、宝珠に傷が…

お安くしときまっせ。

では。


by tokan-en-yoshidah | 2018-04-05 15:09 | 燈籠・lantern | Comments(0)