2019年 03月 06日 ( 1 )

地苔

ネガティブまりー

ひろしです。

苔類繁忙期ですw
f0142070_15272673.jpg
コチラは山採りのスナゴケ
日向を好みます。
たまに燈籠や景石に貼ってみますが、半月ほどで石に根を張り繁殖しています。
逆に水が多いと茶色くなって枯れていきます…
f0142070_15273575.jpg
ハイゴケ 這苔 (乾燥状態)
陰日向どちらでもしっかり育ちます。
一般的には日陰を好むと言われていますが弊社資材置場では日向でもしっかりついています。
コチラもわざわざ水を上げなくてもしっかり根付いていきます。
水を与える続けると緑緑しいですが、べたついたように見えるので適度な水やりに心掛ける方が良いでしょうね。
f0142070_15273162.jpg
ホソバシラガゴケ
基本的には日陰を好むとされています。
湿度が高いのは苦手です…
コチラは乾燥させて保管していますが、苔自体が水を欲すると白くなることから白髪苔と呼ばれています。
かといって白くなったからと言ってすぐに枯れる事も無く、パサパサになっても水をやればしっかり青々と綺麗な状態に戻ります。

苔を育てるに当たり、重要なのは日向・日陰は勿論ですが、何より水のやりすぎや適度の日当たり、風の通りに注意する事です。
本来これらの苔であれば夜露で充分繁殖できます。
但し、四六時中青々と緑緑しく見ていたいとなるとどうしても水やりが必要になります。
観光地の京都ならお役様の目に触れるところはそうなるのもわかります。
苔も人間と同じ生き物です。
色んな性質の人もいますが、
いつも綺麗でいると疲れてしまいます。
欲しくないのに水ばかり飲めません。
適度にお天道様に照らされたいです。

そんな苔の声を聞いて苔を植えてあげて下さい。
受注承ります。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2019-03-06 16:02 | 都乾園・business | Comments(0)