2015年 06月 18日 ( 1 )

プロ好みな…

よく焼けました。
少し焦げてますw

ひろしです。

特大の碾臼
f0142070_14585157.jpg
よくプロ好みと言う発言をすることがあります。
そもそもプロ好みとは、決まりきった形の物ではなく、無駄な姿形の場所が使い方次第でポイントになったり、それのお陰で周囲やそのものが際立ってよく見えたりする、所謂プロが使うことでその素材の味を120%引き出せる可能性のある物を例えてプロ好みな…と呼んでいます。
必ずしもそうではない物もそう呼ぶことがありますが、
やはり“ひねた”ものを呼ぶことがほとんどです。
一つ言うなら使い勝手の悪いものほどそう呼ぶことが多いですね。
しかし、それを決まり切った姿形の物より何倍も良く見せれるのがプロであり、プロ好みな物であるとおもいます。
f0142070_15113229.jpg
この碾臼も、ほとんどのものは側面が綺麗に造られ、垂直に立ち上がりを持つものが多い中、これは側面が割肌で、規則のない割り方で造られ、またその部分の雰囲気がとても良い味を持ちます。

どう使うかは自由です。
皆様のご来店お待ちしております(u_u)

では。

※あくまで個人的な見方でのお話です。営業の一環としての発言ですので、必ずしも皆様に同じ様に感じていただけない場合もございますのでご了承下さいませ。

by tokan-en-yoshidah | 2015-06-18 14:56 | 石・stone | Comments(0)