2011年 05月 30日 ( 1 )

ハイゴケ・這苔

ハイゴケ
f0142070_15352891.jpg
日当たりの良い道端や岩上、樹幹の下部、流水辺、湿原などの過湿な場所等各所で見ることが出来ます
これらは、黄緑色で這うように群落をつくる事から
這苔と呼ばれています

特徴は葉が鎌形で、葉の基部に翼細胞が発達します

適応環境は
乾燥地、湿地、日向、日陰とオールラウンダーで、
日照りの強い所でも湿度が高ければよく育ちます

活着は良く、土上にハイゴケをはり、粗半分位隠れる様目土を掛けます
また、蒔きゴケでも着きやすいとされております
しかしハイゴケは、他の苔の生育を押さえるほど強いので、
杉苔や他の種類の苔との共存は向きません
ただ、そういった性質から雑草の発生も抑えてしまう効果は有ります




ハイゴケ・這苔
本日入荷です!

by tokan-en-yoshidah | 2011-05-30 15:47 | 都乾園・business | Comments(0)