仏足石

サマーバケーション

ひろしです。

なかなか珍しいもの造りました
f0142070_13182212.jpg
仏足石(ブッソクセキ)
15inc位で仏足にしては小さめです笑
そもそも仏足石とは釈迦の足跡を石に刻んだもので、
古いものは紀元前4世紀にも遡ると言われているそうですが…
また、この足跡は両足を揃えて彫られているものが古いと言われ、片足のものやずらして彫られたものは後に彫られたものと言われているそうです。
また、仏足石には土踏まずを造らないのが基本だそうです。
f0142070_13312269.jpg
仏足石に彫られている模様
中心部に円、そこから放射線状に伸びた線を千輻輪と言われ尊い仏陀の教えを車輪のごとく駆け巡らせなさい。との意味を持ちます。
次に指に彫られた卍は月王と言い、永遠の幸福を意味します。
母子球側から金剛杵、これは煩悩を打ち砕くという意味で、その横の2尾の魚はそのままの双魚を意味し、夫婦円満を意味します。
それこらその横の宝瓶はお金を意味します。
一番外側に彫られたのは螺王と言われみ法が響き渡り教化するとされています。

これらは所謂仏の精神で
つまり仏陀の教えと言うことになりますね。

しばらく置き場で寝かせてみます。
100年後にはホンマモンになってたら凄いですよね笑

では。

by tokan-en-yoshidah | 2015-08-12 13:14 | 石・stone | Comments(0)

<< サマーバケーション ほまれ >>