仏土寺 石造雁塔

渋かったのね・・・

ひろしです。


仏土寺 石造雁塔
f0142070_16202236.jpg
花崗岩製(伊賀石) 高さ573cm 県指定文化財 重要美術品
昔、大唐法師ト伝フ僧アリ
諸国ニ経典ヲ求メ修行中極度ノ
空腹ニ至ル時ニ天高ク双雁ノ
飛翔スルヲ見ル若シ我
今之ヲ得バ食充スベシト忽チ
一雁落下シテ殞ツ是ニ於テ
雁ヲ埋メテ其ノ菩提ヲ弔ヒ
此ノ地ニ塔ヲ建立シタルニ依リ
雁塔ノ起因トナセリ
f0142070_1631054.jpg
先ず、この塔でもっとも目立つのが上層の屋根下にみれる円盤状の亀腹
f0142070_16592986.jpg
相輪は後補で少し違和感があります。
笠は上層一角が大きく破損。
下に二段の段型を設け、その下に円盤状の高欄と亀腹を持ちます。
f0142070_16415466.jpg
二層目も同じように下段に二段の段型を設け、下に立派な軸部を持ちます。
f0142070_16435531.jpg
軸部は四面に輪郭を持ち、月輪内に金剛界四仏の種子を刻みます。
f0142070_16455383.jpg
基礎は二区の格狭間から成り、
享保十二丁未天 三月廿三日再興 平野山仏土寺
の刻銘があります。

山に囲まれた静かな寺に
大変大きな石造宝塔
云われもしっかりしており、この塔の魅力をいっそう引き立ててくれます。

by tokan-en-yoshidah | 2015-05-14 16:49 | 石塔・tower | Comments(0)

<< 仏土寺 石造多宝塔 橋 >>