嵯峨・油掛地蔵尊

f0142070_12373999.jpg
油掛地蔵

f0142070_12224370.jpg
阿弥陀石仏
鎌倉時代後期 「延慶三庚戌十二月八日(1310)、願主平重行」の銘あり



f0142070_12362234.jpg
阿弥陀如来像を浮き彫りし
左右に勢至であるサク観音であるサを刻み阿弥陀三尊となります

お堂上部には
f0142070_12372569.jpg
油掛 大日如来・地蔵尊 御詠歌が飾られます
昭和九年九月吉日
「あさひさす日の出かがやく油かけ
     ただひとすじにたのめこそすれ」

                                     施主笹井静一


またお堂右上部には油掛地蔵についてが書かれております
文化財としての油掛地蔵
油掛地蔵は今より約六百七十年前
鎌倉後期の延慶三年に平重行
の願主にて建立された御佛であります
御本尊は阿弥陀如来、頭光内の種子
観音・勢至、両菩薩と合わせて
弥陀三尊の御姿であります
石の両肩を斜めに大きく切り落とした
珍しい形で厚肉彫りで胸の張り豊
かで両肩から両腕にかけての重厚さは
鎌倉中期石佛の風格がうかがえます
京都で鎌倉期在銘の石佛は、この他に
二体しかなく何れも重文・重美に
指定されています
この油掛地蔵尊も重要文化財級の
石佛で貴重な文化財であります
   (佐野精一氏著・京の石佛より)
またこの御佛に油をかけると祈願成就
の云い伝えは延宝八年、黒川道祐の
「嵯峨行程」に「油掛地蔵此辺にあり
凡そ油を売る人この所を過るときは
必ず油をこの像に薓いて過ぐ云々」
とあり尠くも約三百年以上昔より
御油を掛け御祈りした風習があった
ことを記している。ひょっとすると戦国の風雲
児、斉藤道三もその昔、京・山崎の往還り
この御佛に油を灌ぎ大成就を祈念
したのではなかろうかと等と想うのもまた
楽しいではないか。 合掌




と書かれています



f0142070_12582080.jpg
油掛地蔵
身近なところに大変貴重なものが在していました

by tokan-en-yoshidah | 2010-12-13 12:59 | 石・stone | Comments(0)

<< 嵯峨・油掛地蔵尊前 道標 爆弾発言! >>