<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハロウィン

血まみれ…

ひろしです。

ハロウィン
f0142070_17150363.jpeg
こんな顔されて何がハッピーなのかわかりません。

f0142070_17125636.jpeg
そんな顔しても無理

f0142070_17153621.jpeg
仮面の裏でニヤニヤするな!

無理なものは無理!!

って…
何が無理なんだ!?

ハッピーハロウィン
ところで何でカボチャ?ピーマンの方がいいような…

では。

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-31 17:10 | 個人的・Personal | Comments(0)

寒いの?暑いの?

疲れてます。

ひろしです。

今朝の気温は5度!!
ほんまかいな!?
それは置いといて。
今日の昼間に発見したすげ〜トラック
f0142070_20443319.jpeg
デコトラならぬフィギトラ笑
これは暑い!ならぬ熱い!笑

撮影する方は募金箱にチリーン。

ちょっと得した気分になった日曜日でした^_^

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-30 20:41 | 個人的・Personal | Comments(0)

長安寺石造宝塔

時間というのは残酷です…

ひろしです。

長安寺石造宝塔
f0142070_13584075.jpg
賀県大津市逢坂2丁目3-23
高さ 約330cm 国の重要文化財
元々この場所一帯に在った関寺の宝塔(供養塔)で、一般に牛塔と呼ばれていました。
万寿二年(1025年)に書かれた「関寺縁起」によると、天延四年(976年)に起こった大震災による被害で破損した関寺を延暦寺の僧である延鏡により再建。
この時、清水寺から寄進された牛が復興に大きく貢献。
後の万寿二年、再建が完成した後牛も滅し、堂の裏山に埋葬された。
後に藤原道長が公家百官を率いて参拝した際に霊牛を供養するとともに、
牛を埋めた地に石塔を建て弔ったと云われています。
それがこの石造宝塔(牛塔)

とにかく大きい特徴だらけのこの宝塔
f0142070_14044823.jpeg
見るからに宝珠と宝珠の台は後補であることが分かります。
f0142070_13592296.jpg
笠は六角形で勾配は緩く、軒は反型で、裏側に垂木を付け、頂部には露盤を持ちます。
f0142070_14041894.jpeg
塔身はとにかくでかく、のっぺりとしています。
f0142070_14053144.jpeg
基礎は八角形で、は低く小さい。

六角、丸、八角と定まらない姿の宝塔。
どこを見ても寄せて建てられているように思えるのですが、
果たしてその真相は・・・
※古い石塔や石燈籠は殆どが寄席られていることからそんなことを気にすることでは無いのでしょうね。

では。
そのような記述も無く

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-29 14:03 | 石塔・tower | Comments(0)

忙しくて

困った

ひろしです。

気づけばこんな時間。
毎日更新のブログが24時間以上経ってしまいかなりのショック
まぁ、いろいろと事情というのがありまして…
f0142070_00594350.jpeg
最近毎朝焼いてます。
ホットサンド。

これがまた評判良くて、作りだしたら毎日に( ;´Д`)

人生色々考えさせられますわ。

スンマセン(T ^ T)

では。


by tokan-en-yoshidah | 2016-10-29 00:00 | 個人的・Personal | Comments(0)

逢坂山 常夜灯 その2

肩じゃなくて二の腕

ひろしです。

昨日に続いて…
逢坂山の常夜灯
f0142070_981545.jpg
逢坂山関址碑より大津側へ下った先の弘法大師堂前に関址前に建つ常夜灯と同じ物が在ります。

f0142070_9163622.jpg
基壇は都・大津間に敷かれていた車石が使われており、その建姿より地元の方々から大切にされていることが伺えます。
f0142070_9191121.jpg


f0142070_9195771.jpg
こちらの常夜灯は保存状態も良く、火袋、笠も同質の石種から当時の物かと推測されます。が・・・

f0142070_09385659.jpeg
竿に彫られた碑文は前稿のものと同じであることから省略します。
主要関であった逢坂山。
調べていくうちにいくつかの疑問と当時の風景がぼんやり見え隠れしてきたのですが、
おそらく当時この2基以外にも数基常夜灯が経っていたと考えられます。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-27 09:30 | 道標・signpost | Comments(0)

逢坂山 常夜灯 その1

今日は暑い…

ひろしです。

逢坂山の常夜灯
f0142070_11272598.jpg

平安時代逢坂山の関は岐阜県の不破と三重県の鈴鹿に並ぶ三大関とされていました。
中で、この逢坂山は都、東国と結ぶ東海道、北国と結ぶ北国街道が交わる主要関で人々が集中する要であった。
また、貴族や武将、文人墨客がこの道を通過した際、関所や峠を題材に読まれた歌も多く残っていることで有名です。

その逢坂山の関の場所は当時とは少し変わり、現在の関址の碑が建つこの場所から少し大津寄りで、
関寺跡(現、長安寺)付近に在ったと推測されています。
mなた、逢坂山自体その標高は現在よりも高かったと言われています。
そんな逢坂山関址に建つ常夜灯
f0142070_11281556.jpg

寛政6年(1794年)の銘が在り、人の往来が激しかったこの時代、この近辺で商売をしていたであろう大津米屋中と4人の米屋が願し建てた物である。
f0142070_12314228.jpeg
正面には力強く逢坂常夜灯の文字
f0142070_12320739.jpeg
大津側には
者 寛政六年 甲寅十一月 建之
願主
北国屋仁兵衛
河内屋平右衛門
志賀屋市郎兵衛
大和屋喜平次


f0142070_12323142.jpeg
都側には
施主 大津 米屋中

笠と火袋は当時の物と違い、現代に中国で造らせたもので代用しているのが少々残念に思います。

明日はもう一基の常夜灯を更新予定…

では。

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-26 12:18 | 道標・signpost | Comments(0)

フットサロン

首に湿布

ひろしです。

今日はいつもと別オファーからのフットサロン

からの〜
f0142070_20070904.jpeg
フットサロン

連チャンです( ;´Д`)

若くないのでセーブが必要です( ̄(工) ̄)

では。



by tokan-en-yoshidah | 2016-10-25 20:06 | サル サッカー・soccer | Comments(0)

ぢのくすり

偏頭痛

ひろしです。

長年ずっと気になってた石標
f0142070_13210892.jpeg
ぢのくすり

めちゃくちゃ丁寧且つこれを石に刻むか?といったちょっとユニークな一本

できる事ならもう少し人目のつくように据えてほしいが、現代ではそれも不可能と理解しながら、いつもクスクス笑いながら横切っています。

今度買いに行こうっと…

では。

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-24 13:18 | 道標・signpost | Comments(0)

遅くなってごめんね。

ちょっと調子悪い( ;´Д`)

ひろしです。

カープ 対 日ハム
白熱してますね。
そんな中我が家では
f0142070_20493232.jpeg
おそばせながらハッピーバースデー13(サーティーン)

今日の練習でメンタルバキバキに折られて帰ってきた13
美味しいケーキで癒してもらい少しご機嫌。

よかったよかった。

超おめでとう

では。

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-23 20:39 | 個人的・Personal | Comments(0)

花園

うっかり

ひろしです。

今日は花園へ
f0142070_23120049.jpeg
とりあえずまたゆっくり書くとします。

では。

by tokan-en-yoshidah | 2016-10-22 23:11 | ラグビー・rugby | Comments(0)