<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

背板

1月も終わりです。

ひろしです。

今では数少ない背板
f0142070_15302340.jpg
稲田石です。

ガングーソーでひいた大判です。
今は貴重な背板

2枚入荷しております(^_^)

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-31 02:28 | 石・stone | Comments(0)

北木石製 生け込み燈籠

小春日和な天気が続きましたが、本日は雨
レイニーブルーです。
ひろしです。

昨日入荷してまいりました生け込み燈籠
f0142070_15205797.jpg
六角型の生け込み

f0142070_15212764.jpg
船着型燈籠
船着といえば桂離宮にある船着型が有名ですが、こちらは城南宮にあるタイプの船着型燈籠です。

スタンダードなタイプの生け込み燈籠です。
石は岡山県北木島錆石です。

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-30 07:27 | 燈籠・lantern | Comments(0)

チーム都乾園 newユニフォーム

今日は何処へ行くのかしら。

ひろしです。

ついにチーム都乾園始動です!
f0142070_2311431.jpg
今年からははピンクで攻めます!

エースの38番が40番の大台に乗る迄に某大会も優勝しないとw

とにかく今年は正念場。

チーム都乾園
いざ出陣

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-29 05:00 | サル サッカー・soccer | Comments(0)

加茂七石

ニャーニャー
f0142070_16243433.jpg
天気いいニャン

ひろしです。

加茂七石の展示されてるのんみてきたんニャー
f0142070_16262517.jpg
これは蓬餅のようで美味しそうだニャー
でもこれは貴船石だニャー

f0142070_1627364.jpg
鰹節みたいニャー
プンプンにおうニャー
鞍馬石だニャー

f0142070_16291758.jpg
大好物のお肉だニャー
松阪牛のような霜降りだニャー
フリフリの紅加茂石だニャー

f0142070_16363659.jpg
誰かのように真っ黒だニャー
でも腹黒さは負けてないニャー
真黒石だニャー

f0142070_1638261.jpg
賎機って読めるかニャー?
シズハタって読むんだニャー
むつかしすぎてくしゃくしゃになってきて
カキカキしたらミミズ腫れになってしまったニャー
賎機石だニャー

f0142070_16402738.jpg
貴船石に似てるニャー
ほんとはもっと赤が入ってるんじゃニャイにょか?
これじゃぁ違いがわかりにくいニャー
雲ケ畑の畑石だニャー

f0142070_16434673.jpg
これはお金になるニャー
だから昔の人は畚に入れて山を下りたニャー
お手手スリスリしたらお金になるかニャー?
たまに招き猫に間違えられにゃいかしんぱいだニャー
でも本当は肉球が邪魔でスリスリできにゃいニャー
そんなこと言ってたらボクも畚に入れて売られて行くニャー
カチカチ山の火打石だニャー
畚下ろしとも言われているニャー

f0142070_1649588.jpg
そろそろ帰るニャー
猫は夜行性だニャー

ニャーニャー

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-28 06:23 | 石・stone | Comments(0)

三渓園の石造品

風邪治りません。

ひろしです。

三渓園で見かけた石造品の数々。
一番目を引いたのは
f0142070_13163315.jpg
6〜8mはある橋石です。
これはほんとうに立派な橋でした!

そのほか、石燈籠
f0142070_13182452.jpg

f0142070_13185038.jpg
中には年号の入ったものもありました。
f0142070_13201139.jpg
f0142070_13195745.jpg


手水鉢
f0142070_13205047.jpg
五輪塔の水輪
f0142070_13203551.jpg
f0142070_13212469.jpg
宝篋印塔の軸を切り手水鉢に見たててあります。元論年号入り

原三渓さんの三渓園
見て損のない物でした。

横浜編 以上

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-27 13:25 | 石・stone | Comments(0)

三渓園の石造品

春節で、予定馬場狂い!!!

ひろしです。

三渓園で見かけた石造品です。
f0142070_8291387.jpg
東大寺の礎石
f0142070_8374953.jpg
と伝えられているようです。
f0142070_838862.jpg
石質は花崗岩質ですが、独特の石目をしています。
先斗町公園に在る皿鉢と同じ石目ですね。

つづいて
石棺
f0142070_8412762.jpg

f0142070_8431460.jpg
明らか石棺です。
f0142070_843389.jpg
蓋ですね。
石は同じですが出土された場所が違うみたいです。

f0142070_84433100.jpg
太閤の???でしょう?

礎石
f0142070_8465213.jpg
真っ黒にサビてどこの石かわかりませんがよくなれた石です。
f0142070_8485671.jpg
f0142070_8484140.jpg
f0142070_8482917.jpg
f0142070_8481439.jpg
f0142070_848185.jpg
f0142070_8474949.jpg
f0142070_8473670.jpg
その他にも沢山礎石がありました。

今日はこの辺りで失礼しますw

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-26 08:23 | 石・stone | Comments(0)

三渓園 臨春閣の手水鉢

お腹キリキリまいです。

ひろしです。

今回は三渓園臨春閣の瓢の手水鉢
f0142070_13523368.jpg
以前ブログで紹介しました瓢箪の手水鉢です。
f0142070_1354174.jpg

この手水鉢は豪放雄大な円水盤形で、側面に帯を彫り、そこに瓢唐草を刻しているため、
瓢の手水鉢と呼ばれています。
石は江州石でした。

伝承によれば、豊臣秀吉公遺愛の物で、
後年、藤堂高虎に賜り、居城であった伊賀上野城におかれていたものです。

現在は臨春閣の天楽の間に据えられていることから天楽形、瓢の手水鉢と呼ばれています。
こちらは弊社の写し↓
f0142070_13552895.jpg
よくできていますよ⭐️

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-25 07:49 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

石清水八幡宮の石燈籠

喉が痛いです。
コホコホしてます。

ひろしです。

石清水八幡宮 石燈籠
f0142070_11585842.jpg
重要文化財 高さ215cm
現在社務所書院の庭に立つこの燈籠はN・金さん造です。

f0142070_124211.jpg
十二弁の請花から伸びる茎の先に宝珠が乗ります。
f0142070_1229895.jpg
笠は薄く蕨手を持ちます。
火袋は二面に火口を持ち、上区に縦連子を刻みます。下区に二区の格狭間を持ち、蓮座のついた丸窓を二面持ちます。
中台は上端に薄く一段構え、側面は二区で下端は大きめの単弁の蓮弁を持ちます。

f0142070_12351159.jpg
竿は上下端に各二本の節を持ち、中節は連珠文を持ちます。

f0142070_1236469.jpg
基礎は上端に低い一段を設け、上部に単弁の反花を配します。
側面は、六面に輪郭を巻き内に格狭間を刻みます。

f0142070_12372298.jpg
石清水八幡宮の石燈籠
f0142070_12375976.jpg
弊社資材置き場にて展示中です。

厄除で有名な男山の八幡さん。
厄払いにいかがでしょうか?ww

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-24 12:39 | 燈籠・lantern | Comments(0)

三渓園 鶴翔閣の石造層塔

風邪ひいてまんねん。

ひろしです。

三渓園で見かけた石造品の数々。
今日は三渓の自宅だった鶴翔閣前の石造塔
f0142070_974910.jpg

実はこの塔の作者が京都のN・金さんだってことは知る人ぞ知るんです。
f0142070_994779.jpg
笠は6枚で基礎側面には三茎蓮と鳳凰が刻まれています。
f0142070_9121885.jpg
三渓園の顔とも言われる場所に建てられていた石造層塔でした。

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-24 08:03 | 石塔・tower | Comments(0)

横浜で見かけた石造品 鎌倉大仏編

ネタは続きます。

ひろしです。

先日の横浜で見かけた石造品の数々。

先ずは鎌倉の大仏さま前の石燈籠
f0142070_1323028.jpg
石は太閤ですね。
f0142070_17195598.jpg
火袋は少し小さいですが、その他はバランス良く造られているようにおもいます。
f0142070_1722742.jpg
宝珠は請花ではなく六角の請台で、それぞれに扇等の紋様が刻まれています。
f0142070_1724476.jpg
竿は三節で中央に連珠のようなものを刻みますが・・・
f0142070_17251947.jpg
基礎は側面に格狭間を彫ります。
京風のようで京風じゃない?
でも、よくできた石燈籠です。

他にも望柱石のようで望柱石ではない石柱も見られました。
f0142070_1728574.jpg


また、他にも気になるものが。
f0142070_1730149.jpg
沢山あったこれ。
色んな方が腰掛けてたんですが、これは多分礎石では?
f0142070_17312949.jpg
水抜きまで丁寧に彫られていました。
これはどこに使われていたものかはわかりませんが、
多分、きっと、礎石だと思われます。


つづく

by tokan-en-yoshidah | 2014-01-23 04:32 | 石・stone | Comments(0)