<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハッピーウエディング

福井に来ています。

ひろしです。

今日は私の従兄弟の結婚式!
f0142070_15492449.jpg
ハッピーウエディング♪

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-31 15:47 | 個人的・Personal | Comments(0)

京都迎賓館のつづき

戸締りはシッカリと!

ひろしです。

つづき・・・

晩餐質藤の間
f0142070_16361936.jpg
舞台上には「穀」で織られた織物が立てられています
f0142070_16402268.jpg
金箔の細やかな線でえがかれたとても繊細な截金装飾
f0142070_16445529.jpg
舞台袖には「羅」で織られた几帳が立てられていました

そして、この日初めて庭が見れたのも藤の間からでした
f0142070_16515090.jpg
佐治石で構成された池に天正拾七年の文字が刻まれた橋杭

続いて大広間桐の間
f0142070_16564574.jpg
錺金物は五七の桐紋で黒味銅杉の葉くすべ仕様となっているそうです。
大広間で一番目だったのが
f0142070_173619.jpg
12m弱の座卓
実際目にするとその大きさに圧倒されます!
座卓にあわせた座椅子も素晴らしい
f0142070_17122187.jpg
f0142070_17101356.jpg

桐の間から庭を眺めることは出来ませんでした。
f0142070_17103067.jpg
ここからの眺めはきっと素晴らしいのでしょう。

こちらは平安時代からつづく王朝文化の装束
f0142070_17115776.jpg
有職織と言われるそうです。

それから「琵琶の間」
こちらは一切の写真撮影を禁止されていました。
床に敷き詰められた陶板に茶室(琵琶の間)に飾られた琵琶。
どれをとっても言うことはありません。

そこから橋へとつづくのですがコチラも撮影禁止・・・
四隅には透かし彫りでトンボ・鈴虫・蝶々・キリギリス
あまり気にしない場所に、粋な計らいとでも言うのでしょうか。
そして橋の上からみる建物、庭園もまた素晴らしい!

橋を渡ったら撮影許可が下りました。
f0142070_17235410.jpg
船着場。
その横には
f0142070_17242168.jpg
ほんといやらしくも無く、かつ伝統技法で無駄なく作られた、モダンでオシャレな雰囲気の灯り

じっくり色々楽しく見させていただきました。

京都迎賓館
日本の最高の技術者達が造り上げた結晶とも言えるでしょう♪
行って損は無し!
きっとそう思えるはずです

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-30 17:29 | 京都・kyoto | Comments(0)

京都迎賓館

寝不足・・・

ひろしです。

今日は京都迎賓館一般公開日
京都の匠が集って造られた日本最高級の建造物
f0142070_13312367.jpg
決められた場所で、決められた方角でしか写真撮影も許されておりません。

f0142070_1332865.jpg
完全なセキュリティーシステム

f0142070_1333257.jpg
殆どが近寄ることもゆれされません。
勿論ツイッターで「迎賓館で〇〇なぅ」なんて呟くことも不可能・・・

各間にはボランティアの方々が説明してくれています。

聚楽の間
f0142070_13344790.jpg
f0142070_13352431.jpg
f0142070_13353526.jpg
友好の結だそうです。
f0142070_133616100.jpg
f0142070_13362777.jpg

とにかく言葉にならないくらい素晴らしい

夕映の間
f0142070_13365857.jpg
f0142070_13371499.jpg
f0142070_1337286.jpg
f0142070_13373836.jpg
f0142070_13375190.jpg

まぁ、とにかく人が多い・・・

藤の間
f0142070_13381229.jpg
f0142070_1338503.jpg
f0142070_1339136.jpg
f0142070_13391744.jpg
f0142070_13393849.jpg
f0142070_13394815.jpg
f0142070_1340675.jpg
f0142070_13414832.jpg
f0142070_1350079.jpg


写真には映らない良さがここにはあります。

続きは後日。

京都迎賓館
日本の誇れる建築物です。
一度訪れてみる価値はあり!

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-29 13:49 | 京都・kyoto | Comments(0)

イカなるものか

星が綺麗だね

ひろしです。

今日は、マッキーにラチられイカ釣りに来ています。
f0142070_2146192.jpg

とりあえず1杯釣れたし
よしとします

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-28 21:44 | loveフィッシュ・fishing | Comments(0)

大徳寺 孤篷庵 布泉の手水鉢

まいど!

ひろしです。

今日は大徳寺は孤篷庵にある
布泉の手水鉢
f0142070_8584167.jpg
山雲床の露地蹲踞に据えられている銭形の手水鉢
特徴は、一石で下に台を造り、
表面に布泉の文字を陽刻します。
f0142070_1216073.jpg

布泉とは中国で古く南北朝時代に鋳造された古銭『布泉』のことと言われておりながらの
孤篷庵にある本歌は韓国の石で造られているそうです。
日本に中国の形をした、韓国製品

古くからの繋がりをかんじますw

※掲載されている写真のものは弊社に在る岐阜県恵那より産出されています蛭川石で造られた物です。


その他、孤篷庵にある手水鉢、石燈籠については☟
滑らないBLOG
露結の手水鉢
忘筌寄燈籠
を参考に♪

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-27 09:09 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)

ワームのエキスがsugoi!

ひろしです。

先日の雨で、空に浮かぶ雲が、秋のうろこ雲に変わりましたね。
いよいよ夏も
終わりってか?

釣りの方はまだまだサマーパターンで釣れそうですけどね。
そんな秋も近づいて来たということで
f0142070_15481058.jpg
シーズナルパターン完全解析
秋編

バズベイトで釣りまくるのには圧巻でした。

バズベイト・・・

あんまり投げたことないな

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-26 15:50 | loveフィッシュ・fishing | Comments(0)

OSAKA

涼しぃ。

ひろしです。

今日は昼から子供の希望していたポケモンの映画を観に行ってきました。

ポケモンはちょっと詳しくないのですが、
たまにはこういったのもいいかとw

で、夕食は従兄弟の同級生のお店へ
f0142070_19375141.jpg
ここの料理はテッパンです!

早めに食べ終えて、明日から子どもが学校なので帰ります。

バイバイOSAKA

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-25 19:32 | 食・food | Comments(0)

近畿大会

雨が足りない。

ひろしです。

今日はお休み頂きまして、
大阪の堺まで子供のバレーボールの応援に来ています。

チームが出来てまだ3年で
初の近畿大会出場。
f0142070_13472730.jpg


学校主体じゃなく、クラブチームなので
ホームグランドがなく週2日しか練習できていないチームですが、厳しい環境の中頑張っております。
f0142070_1346910.jpg


そして、初出場で奇跡?の2連勝。
残り1試合に勝てば近畿ベスト8

とりあえず1試合1試合悔いのないように。
と、願うばかりです。

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-24 13:41 | スポーツ・sport | Comments(0)

石幢?

祝ICHIRO4000本安打!
1年200本打っても20年かかる偉業!!!
日本人の誇りです。
私もそうでありたい・・・w

ひろしです。

今日は先日建てた石燈籠
f0142070_10454174.jpg
八角で構成され、火袋部分には各面に石仏が彫られています
f0142070_10471972.jpg
火口は舟形に彫られた中に丸穴をほりこみます。

火口が新しく掘られたもののように見えることより
元は石幢だった可能性もありますが、
日本の石幢は基本が六角で構成されていることより
これは隣国の物かとも読み取れます。

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-23 10:49 | 燈籠・lantern | Comments(0)

丹波鞍馬の立手水

人工降雨装置は失敗?
ゲリラ豪雨は起こったそうですね。

ひろしです。

先日に続き丹波鞍馬石(タンクラ)
f0142070_10574648.jpg
今日は立手水鉢

高さは大凡4尺(1200mm)

f0142070_10583796.jpg
本丹波石です。

近年、立手水鉢を使うような建物が減っていますが、
縁側等があれば一石据えると感じ良くなりますよね。

いかがでしょう?

by tokan-en-yoshidah | 2013-08-22 11:01 | 手水鉢・wash basin | Comments(0)