<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

小京都 伊賀上野

さて先日お話した伊賀上野の特産品のひとつ
「伊賀の組紐」をご紹介。

伊賀の組紐は、
広沢徳三郎と言う人物が、明治35年に、
故郷の伊賀に組紐工場を開設したことが始まりだと言われています。
当時の伊賀地方は、
養蚕業が盛んで生糸の入手が容易であったことと、
婦人労働力が豊富だったことから、
家庭内職として定着していました。
組紐の技術を持っている娘は、
嫁としては値打があり、
嫁入りの荷物と共に組紐台が持ち込まれる程だったそうです。
日中戦争の頃までは、
もともとは京都や大阪の下請けとして
帯締めや羽織紐などを生産していました。
しかし時代と共に下請け業から脱出したわけです。
現在伊賀の組紐は手組みと機械組みで生産されています。
組紐自身の生産高は全国の6割と言う生産量で、
手組みにいたっては全国の生産量の9割を占めるといった
いわば独壇場となっています。

現代は日本人の和装離れや高齢化、
そして外国産での低コストによる輸入が問題になり、
生産量はぐっと減って来ています。
日本の文化はこうやって少しずつ失われているのです。
これから100年、200年と伝統、文化を残していくために
いま課せられた課題は大きいのではないでしょうか・・・


組紐の編み方のはいくつか種類があります

今回取上げた伊賀の組紐は
高麗組が主流です。
とりあえず参考までに・・・

高麗組
唐組と並ぶ高級な平組で格調ある美しさをもつ。
丸唐組
組目の交差を外へ出しながら組む。
平唐組
丸唐組の応用、角台の代表的な組み方で、やや肉厚の紐。
唐組
矢羽根模様の笹波組の応用。笹波組の組み方をあるところで逆方向に組むことで菱形模様となる。
貝の口組
貝の口のように固い紐ということからの命名。
元来は太刀の緒や下げ緒に使われた。
洋角組
杉の葉が並んだような組目で、
八つ組紐を芯にいれて組んである。
内記組
安田組を二枚組み合わせた紐。
高麗組よりも目がつんでいる。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-30 16:02 | 故郷・hometown | Comments(0)

小京都 その1 故郷 伊賀上野

私の生まれた街
伊賀上野
以前は上野市として栄えていた街ですが、
今は2004年11月1日に平成の大合併により
上野市・阿山郡伊賀町・阿山町・島ヶ原村・大山田村・名賀郡青山町
の1市3町2村が合併し伊賀市として生まれ変わりました。
伊賀上野は 、三重県の北西部に位置し、
京都と同じで周囲を山で囲まれた伊賀盆地にあります。
この中央に位置しているのが伊賀上野です。

f0142070_20483551.jpg
以前私のブログで触れたことのある
日本一の石垣(穴太積)と言われる伊賀上野城
(本当は大阪城に負けているらしいですが)
がある街でもあります。

歴史は古く、
江戸時代、
藤堂高虎により碁盤目状に整備された城下町は、
京都とよく似ています。
さらに伊賀上野は、
皆さんよくご存知の伊賀忍者・伊賀流忍術発祥の地でもあります。
もちろん忍者はっとり君は伊賀上野の忍者です。
ちなみに私の育った学区には服部と言う地域がありました。
多分ここが出身なのでしょう。
また、数々の名句を生んだ松尾芭蕉の生誕地としても知られています。

特産品のひとつ
伊賀のくみひもで生産量は日本の90パーセント以上で日本一です。
そして忘れてはいけない名品の伊賀焼
奈良時代より現代に引き継がれた焼き物で
自由でおおらか、生き生きとした形が特徴。

そうそういつも私が会社で美味いと豪語している伊賀肉
高級牛肉、松阪に劣らぬ逸品です。
一度ご堪能を。
豆腐田楽も有名です。

そんな伊賀上野の観光名称を
たまに紹介していきますので
良かったら一度訪れてみてください。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-28 20:49 | 故郷・hometown | Comments(0)

中秋の名月

先日25日は中秋の名月でした。
さてこの中秋の名月、なぜこの時期の満月だけは特別扱いなのでしょうか?

昔は八月十五日の月を中秋の名月と呼んできました。f0142070_2002271.jpg
一年の四季は「」です。
旧暦では三ヶ月毎に季節が変わり、
「一・二・三月」を春
「四・五・六月」を夏
「七・八・九月」を秋
「十・十一・十二月」を冬
としていました。
その季節の月を初・中(仲)・晩として、
さらに季節を分けました。
このことより八月は秋の真ん中で中の秋となります。
さらにその真ん中の日=15日を中秋としたそうです。
月の半ばである15日は昔から十五夜の月で満月になることから
中秋の名月=満月と言われる様になったそうです。

さてそんな中秋の名月に欠かせないお供え物。
あれはいったい何なんでしょう?

昔からその年の収穫物を月に備える風習があるそうです。
まずお供物で一般的に多いのはサトイモ類
サトイモの収穫時期にちなんだ事より一般的に多いです。
現在は月見団子を供えている事が多いのですが、
これは芋を備えた風習の変形だと言われています。
団子・・・個人的には団子の方が好きです
そうそう、お供えする月見団子の個数って決まっているそうですよ。
団子の数はその年の旧暦の月数をお供えします。
平年は12個
閏月のある年は13個お供えします。
知ってました?

続きまして、団子とセットでよく見るのがススキですが、
なぜススキなのか?
これには、供えたススキを家の軒に吊るすと一年間病気をしない
という言われがあるからだそうです。

最後に
中秋の名月満月
これ、まちがいです!
実は満月でないことが多いらしいです。
中秋の名月は一種のお祭りであって
旧暦の8月15日が分かりやすいと言うだけで、
満月の必要は全くないらしいです。
ですので
あくまでも名月っということで・・・


f0142070_2003378.jpg

(嫁の)自作団子です・・・

この時の私はと言うと、
私会社の皆で琵琶湖で釣りしていました・・・

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-27 20:05 | 自然 環境・environment | Comments(0)

合掌!

本日行って来ました。
例のイカ釣り!
天候はあいにくの曇り時々小雨
日本海は大時化!
へたすりゃ死ぬくらいの時化・・・
何かいつもこう?
でも釣りました。
場所は福井県高浜市音海
マリーナ「ウミック」より出船!
25馬力のエンジン付ボートで安全な内海へ・・・
f0142070_21232278.jpg
                荒れすぎてまともに写真が撮れません・・・(

早速到着して、揺られながらもキャスト!
一番最初に来たのは
エギンガーK氏
f0142070_2112316.jpg
                   蛸でした。
そして私にも
f0142070_2132543.jpg
                   蛸でした。


本日待望の初イカはと言うと・・・
f0142070_2135831.jpg
                   やっぱりこの方・・・

その後はあの方に圧倒的な差をつけられ完全にバンザイ状態。

しかしはじめてのイカ釣り。
楽しんで来ました。
エギンガーK氏もこの笑顔!
f0142070_2153230.jpg
いや~ほんまに楽しかったですね~。

今回エギング対決!っと言う名目ながらも
私だけ違うことまでして、
違う魚まで釣っちゃって(
f0142070_21122811.jpg
結果的には一番楽しんできたかも V(>♀<)V
釣ったイカも美味しくいただきました。
f0142070_2114150.jpg


f0142070_2114113.jpg


f0142070_21142133.jpg



ご馳走様でした


お二人方本日はお疲れ様でした。
そして、楽しい一日ありがとうございました。
また行きましょう。それでは・・・
合掌

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-23 21:31 | loveフィッシュ・fishing | Comments(2)

織部さん

織部灯篭

f0142070_22345386.jpg


基本は四角形の生込み型の灯篭
上から
宝珠

火袋
中台
竿

の順で構成されています。

特徴は竿の部分で、
十字架見たいなの形をしていて、
中にL?h?q?を横書きにしたような文字?が刻まれ、
竿の下部には人の様なものが彫られています。

秘密の文字?Lhqはいったい何かを前に調べたことがあったのですが
どこの言葉か忘れましたが
Lhq=主よ、主よって意味があるらしく、
またヘブライ語でも
Lhq=原始の根
と、宗教的な関係の言葉があったり
そういった事から
織部灯篭=切支丹灯篭と言う説が一般に広まりました。

しかし実際はどうなのか・・・

こういった説もあります。

昔「古田織部」と言う茶人がいました。(以下:古田織部=織部
織部は
利休の没後に急速に茶人としての名声を獲得し、
利休から学んだ侘茶を軸とし、
武家に適応する茶の湯の形式を工夫し、
侘びの形を展開した人物。

燕庵と呼ばれる型を持ち、
その意図は薮内家の中に盛り込まれていると言われています。

そんな利休織部の違いを言うと
利休「渡を六ふん景気を四ふん」
としたの対し、
織部「渡を四ふん景気を六ふん」
としたとされています。
またここでの渡りとは歩きやすさで、
景気とはそれらの配置の美しさを言います。

織部は露地に景を導入して二重露地や、
視覚的効果、
豊かな茶苑を意図し、
石の配置や素材、組合せなどを工夫しました。

そうした中で考え、出来た灯篭を、
単なる明り取りとしてではなく、
景として魅せるようにしました。

で、そういった事から
織部灯篭と名づけられたそうです。


実際どちらの説が正しいか、
まったく分からないのですが、
きっとどちらも正しいのでしょう。
そう言う事にしておきましょう・・・(適当?)




藪内家
藪内流は茶道流派の一つで、別名、古儀茶道藪内流とも言われています。
上京区にある上流(三千家)に対して下流と呼び習わされてきました。

初代薮内紹智は茶道を千利休に相伝された後、
京都聚楽第に召出された茶道家で、
薮内紹智の婦人の親、古田織部
織部邸にあった燕庵(えんなん)を譲り受けたとされています。

薮内家燕庵を模したものに、
山形有朋の別荘の無隣庵があります。




他にも織部灯篭と呼ばれるものが多数ありますが、
中には形など結構違うものもあります。
今回は一般的なものを例えて出しましたのでご了承お願いします。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-22 22:38 | 燈籠・lantern | Comments(2)

日曜日のための準備中・・・

今週はHard Rockな方とエギンガー?Kとイカ釣りに行ってきます。
すでにHard Rockな方が紹介しているので何もいうことはありませんが、
一応エギンガーK挑発ってなもんで私もタックルを紹介しとくことにしました!

f0142070_19553388.jpg
                                                 これで十分!


まぁなんていうか
「負ける気がしない!」

と言うことで釣れない私も
こういうときは釣る!
って所を見せ付けてきま~す。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-21 19:55 | loveフィッシュ・fishing | Comments(0)

西大路御池

本日、会社の用事で西大路通りを南下中、あるものが目に付きました。
西大路御池の東北角東南角にこのたび現在延伸工事が進められている、
市営地下鉄東西線の名称「西大路駅」の、
地下へ下りる通路が出来かけていました。

来年の1月に開業すると聞くと「できていて当たり前!」
なのですが、実際あれだけ長い間工事をしていたあの場所に
あんなものができると
やっぱり「おぉ!」っと思うものです。
(私だけ・・・?)

地下鉄延伸に伴う新駅の開業!
京都市の狙いは
*京都市の都心部と西部地域との移動時間が短縮できる。
*「嵐電」との結節による鉄道ネットワークが拡大
  太秦天神川駅付近に,嵐電の新駅が設置される予定であり,
  京都を代表する観光名所嵐山や嵯峨野へのアクセスが飛躍的に向上
てな感じらしいです。

しかし平成14年11月に始まった工事がついに来年の平成20年1月に開業!
たった2.4kmの延長にこれだけの時間や、
525億円と言った莫大な建設費をかけた結果は果たして・・・
利用することがなさそうな私には複雑な気持ちです。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-20 22:27 | 自然 環境・environment | Comments(0)

サザレ石

私の住む京都市右京区は
さざれ石が採れることで有名な土地です。
さざれ石は「君が代」にも歌われるほどの有名な石で、
その本質はどういった物なのでしょうか?

f0142070_22225269.jpg


さざれ石と呼ばれる石は全国に幾つかあり、
その一つとして
京都のさざれ石は、
チャート質の薄茶褐色系の山石で、
当社北山都乾園竜安寺支店から西は高雄方面と広範囲で見られます。

そんな京都ではさざれ石を景石や石積等の材料として昔から親しんできました。

f0142070_222296.jpg


そんなさざれ石のもっとも有名なのは
岐阜県揖斐川町のさざれ石です。
ここのさざれ石は現在、岐阜県の天然記念物に指定されているらしいです。
しかもその周囲には「さざれ石公園」なるものまであるみたいです。

ここで採れるさざれ石は
石灰質角礫岩の山石で、
長年月で溶解した石灰岩が付近の小石を接着し、
大きな固まりとなったものです。
このさざれ石は、
文部省の中庭や
伊勢神宮、熱田神宮、明治神宮、金刀比羅宮、出雲大社、
霧島神宮、日枝神社、橿原神宮、乃木神社
など、
全国で40箇所以上の有名神社で見ることが出来ます。
 
ちなみに京都は吉田山の吉田神社でこの石が見られます。

近くに行く事があればぜひ見てみてください。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-19 22:30 | 石・stone | Comments(0)

稲刈り

先日連休を利用して、
実家の方に稲刈に行ってきました。
毎年9月の1週目~2週目の間に稲を刈るのですが、
今年はあいにくこの天気・・・
晴れた日にぼちぼち刈ってきたのらしいですが、
全然遅れに遅れて今だ刈り残っている状態。
そこで強力な助っ人?として行ってまいりました。

一人では私も心細いので、
強力な助っ人と共に稲刈り開始!

f0142070_20443218.jpg
なぜに泣く!

f0142070_20445953.jpg
5分と持たず・・・



最後はおねぇ様にお助けを頼む始末。
f0142070_20455637.jpg
そんな
「助かった」
って顔せんといてぇな~(泣)

で結局一人で刈り出してまもなく・・・

f0142070_20472070.jpg
何してんねん?


f0142070_2048693.jpg
おいおい・・・

f0142070_20482149.jpg
やりすぎ(怒)

そんなこんなでとにかくやるべき所は終わらせてきました!

最後に芋堀して焼き芋
f0142070_2050981.jpg
その後の事は聴かないように(秘)


ご想像にお任せします。

とにかく疲れた~(汗)

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-18 20:55 | 故郷・hometown | Comments(0)

改めまして。

本当にお疲れ様でした。
都乾園のメンバー様も火曜日に続き先日までも、
お忙しい中ありがとうございました。
次回は10月2日です。
(早速次回の催促・・・)

では、先日の試合風景でも見てみましょう。

f0142070_19282358.jpg
いつものここで、
f0142070_19284835.jpg
いつもの都乾園メンバーで、
f0142070_1929613.jpg
お誘いいただいた小林様と、
f0142070_19295164.jpg
上達した我がチーム。
f0142070_1930174.jpg
紅白戦もあり~の

楽しくけがなく無事終了!

f0142070_19311579.jpg
また誘ってください。

で、YOSHI様
打ち上げではご馳走様でした。
近いうちミーティング時間を組んでおきます。
時間、場所決まれば報告いたします。

いや~ぁ
運動の後の食事は美味しかったですねぇ!
次回はお酒付きで。

本当に皆様お疲れ様でした。

by tokan-en-yoshidah | 2007-09-15 19:35 | サル サッカー・soccer | Comments(0)